屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。

特に近年、阪神淡路大震災、東日本大震災などの大きな地震の影響から屋根を軽くすれば家の耐震性能を向上できるという考えから屋根の軽量化を目的とした屋根葺き替え工事が増えています。確かに屋根の軽量化は家の耐震性能の向上に有効な工事の一つです。

しかしながら、屋根葺き替え工事による屋根の軽量化が家の耐震性の向上に最適な工事かどうかは家の軸組み(壁、柱、筋交い、基礎、土壌等)によって異なります。

特に昭和56年5月以前の古い耐震基準で建てられた家は、軸組みが現在の耐震基準を満たしていない場合があり、屋根の葺き替え(軽量化)だけでは耐震性の向上に不十分になる場合があります。

 

屋根葺き替え工事例はこちらからどうぞ

屋根を葺き替える理由

当社に屋根の葺き替え工事を依頼されたお客さまが屋根の葺き替えた理由

第1位 屋根材が古くなったきたから

屋根材の経年劣化が原因で雨漏りがしてきた。
屋根材が古くなり汚れなどで見た目が悪くなってきた。
築30年以上で屋根を葺き替えを考えられるお客さまが一番多いです。

第2位 地震が怖いから

阪神淡路大震災、東日本大震災など大きな地震の影響で屋根は軽いほうが地震に強いと
考えられ、スレート系屋根材、金属系屋根材などの軽量屋根材に葺き替え。

第3位 もう屋根の塗装でお金を使いたくないから

スレート系屋根材、金属系屋根材で10〜20年ごとに屋根材の再塗装をされていて
その都度費用が掛かるために、再塗装の必要のない瓦への葺き替え。

第4位 屋根に太陽光発電用のパネルを設置したいから

近年増えてきているのがこの理由です。
太陽光発電用のパネルの設置方法にもよりますが、パネルを設置するための架台(フレーム)を設置するのに屋根材、野地板の耐久性が問題になることがあり、屋根葺き替え、野地板の補強をされることが多くなっています。

第5位 ご近所、友人が屋根を葺き替えたから

同じような築年数の家の屋根葺き替え工事を見て、聞いて、ご自分の家の屋根の葺き替え工事を考えられるケースもあります。

 

選ばれる屋根材

当社に屋根葺き替え工事を依頼いただいたお客さまが選ばれた屋根材

第1位 陶器防災平板瓦

土を多く使った土葺き工法で施工された和瓦から葺き替えることで屋根の軽量化になる。
防災機能があり、耐震性、耐久性に優れている。
デザイン的に和風、洋風どちらにも対応できる。
新築の屋根に多く使われている。

第2位 スレート系屋根材

なんといっても軽さで選ばれるお客さまが多い屋根材です。
施工価格が安いことも選ばれる理由の一つです。

第3位 KMEW ROOGA(ケイミュー ルーガ)

2007年に屋根材、外装材メーカーのKMEW(ケイミュー)が開発した新素材の屋根材。
瓦と同等の厚みがありながら瓦の半分以下の重量。
太陽光発電用パネルを設置されるお客さまが選ばれることが多く、年々取り扱いが増えてきている屋根材です。

第4位 和瓦

当社の屋根葺き替え工事は和瓦からの葺き替えが一番多く、「家の見た目をあまり変えたくないから今と同じ瓦がいい」「やっぱり日本人は和瓦が一番いい」といった理由で、和瓦を選ばれます。

第5位 金属系屋根材

スレート系屋根材と同じで軽さで選ばれるお客さまが多い屋根材で、施工時間が最も短いことから工期が短縮できる屋根材でもあります。

 

屋根材の種類、瓦の種類については、屋根材選びのポイントをご覧ください。

 

屋根葺き替え工事お任せください

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。
豊富な実績と経験でお客さまの屋根に最適な屋根葺き替え工事をご提案させていただきます。
安く、軽くするだけではなく、本当に屋根のこと、家のことを考え、お客さまのことを考えて長く付き合える安心、安全な屋根へ葺き替えさせていただきます。