家に大きな木があると困ったことになることがある。

あなたの家の庭には大きな木がありますか?

れぐらいが大きな木なのかは人によって違うとは思います。
なんとなくボクの中では5m以上が大きな木なのかな。
大きな木のある庭に憧れがある人がいるかもしれませんが、実は建物のすぐ近くにあまりにも大きな木があると屋根に悪影響を及ぼす可能性があるんです。

 

south-island-952801_960_720

庭に大きな木があると

庭に大きな木があると夏場は部屋に直射日光が入るのを防いでくれたり、木陰で涼むことができたりしますが、あまりにも家の近くに屋根にも届くような大きな木があると屋根にとってはあまり好ましくない困った木になってしまうかもしれません。

自分の家の庭の木でなくても隣の家の庭や道路の大きな木が接近しすぎていても同じです。

何が好ましくないのかと言えば、台風のテレビ報道などで見ることがある強風で木が揺れたりしているアレです。大きな木が風に揺れたり、折れて倒れたりしてますよね。
風の強い時など大きな木の地面に近い幹の部分はそれほど揺れなくても、上の方の枝の部分はかなり揺れています。その揺れている枝の部分が屋根(屋根材)に当たり続けることで屋根(屋根材)が崩れてしまうことがあるんです。

 

DSC_1459

 

強風で揺れる枝が屋根(屋根材)に当たると

例えば以前うちの会社が修理をさせてもらった屋根では、最初お客さんは屋根から瓦が崩れ落ちていることに気がつかずに、お隣さんに教えてもらって初めて気がついたそうで、その時はなぜ屋根から瓦が落ちたのかわからなかったそうです。

自分で屋根に上がって確かめることもできないので、とりあえず屋根屋さんに連絡をして屋根がどうなってるのか調べてもらおうと、連絡をいただきました。

屋根の点検に伺ってみると確かに瓦が落ちてました。

 

1

 

どうやら棟部に使う瓦が落ちているようです。
大きな地震や台風の影響で棟の瓦がズレたことで落ちてしまったのかなと思って屋根に上がって確認をしてみると

 

7

 

棟の瓦がとんでもないことになっていました。
普通こんな崩れ方はしないだろうというぐらいで、よほど大きな地震でも来ない限りはここまで瓦が崩れることはありません。

一瞬なぜこうなってしまったのかわからなかったんですが、少し離れて見てみると

 

9

 

大きな木の枝が屋根に覆いかぶさっていました。

木の枝が風に煽られて揺れ続けているうちに瓦に当たり瓦を崩してしまっていたんです。
たかだが木の枝と侮ってはいけませんね。
風に煽られると木の枝でも頑丈な瓦を崩してしまうこともあるんです。

 

4

 

今年の台風(平成29年10月の台風21号)でも同じように家の庭にある大きな木の枝が強風で揺れて瓦を外してしまっているお客さんの屋根の修理がありました。

 

IMG_5054

 

このように木の枝が屋根(屋根材)に当たることで屋根材が崩れてしまうことがあるんですが、好ましくないのはこれだけではなく庭の木や近くにある木が落葉する木の場合は、落ち葉が屋根に積もることで屋根材を痛めてしまったり時には落ち葉が雨の流れを止めて雨漏りしてしまうこともあります。

 

IMG_5065

 

庭の木もあまり大きすぎると建物に影響を及ぼすこともありますので、大きく成長するような木は屋根に当たらない程度に手入れをしている方がいいですよ。

大きな木の枝が原因で崩れた瓦は直しますけど、大きな木の手入れは植木屋さんに頼んでくださいね。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です