家の中に出てこなくても家の外に出てくる雨漏りがあるんです。

雨漏りは気がつくいこともあるんですよってことをこのブログでも何度も書いてるんですけど、そんな気がつきにくい雨漏りの一つに屋根から雨が漏れても家に外に雨漏りしてしまうことがあるんです。
家の外に雨漏りをするから雨漏りしていても気がつきにくい。
気がつきにくいから気が付いた時には雨漏りでとんでもないことになってしまうことがあるんです。

家の外の雨漏り

普通は雨漏りといえば、家の中の天井や柱が濡れてそこから雨が落ちてくるというのを想像しますよね。でその雨水をバケツとか洗面器で受けるみたいな。

 

img_3282

この写真は発泡スチロールの空き箱で受けてるけどね。

 

そういう一般的な雨漏りだと、すぐに気が付いて、すぐに修理してもらおうって考えるから被害をいっても天井や柱に雨漏りの跡の雨染みがつくぐらいで済むからまだいいんですけど。

同じ雨漏りでも屋根から雨漏りをして、その雨漏りが家の中に出てこなくて、家の外に出ると雨漏りしていることに気がつかないことが多く、気がついた時には雨漏りで木が腐ってしまっているということがあるんです。

例えば、下の写真で谷板金の赤丸の部分に穴が開いてしまってそこから入った雨が原因で雨漏りをしているんだけど、実際に雨漏りとして濡れているのは四角い赤枠の部分。

赤丸の真下は家の中なんですけど、四角い赤枠は家の外なんです。

 

無題

 

なぜ雨が侵入したところの真下に位置する家の中が濡れずに少し離れた家の外が雨漏りで濡れるのかというと

 

無題1

 

赤丸の部分から入った雨が谷板金の下に敷いてあるルーフィング(防水紙)の上を伝って下まで流れていくことで家の中には雨漏りとして出てこずに家の外に雨漏りしてしまうのです。

家の中に雨漏りとして出てこないから、家の中の天井や柱が濡れずに済んでいるからいいんじゃないのと思われるかもしれませんが、家の中に雨漏りとして出てこないということは、雨漏りに気がつきにくく、雨漏りの修理が遅れてしまいます。

この写真の雨漏りの修理を例にすると、本来なら谷の板金の修理工事だけで済むのですが、雨漏りに気がつくのが遅れたことで、屋根の木材が腐ってしまって大工さんに来てもらって木材の修理(軒破風、化粧垂木、化粧野地板)をしなければならなくなってしまいました。

 

IMG_4431

 

家の外周りも点検しておきましょう

このような状態になってしまわないようにするためには、強めの雨が降った後に家の中の天井や柱だけでなく、家の外回りも点検しておきましょう。

雨が降った後は当然家の外回りが濡れてますが、外回り全部が濡れている訳ではなく建物や屋根の形状で濡れない部分もあります。
普段の雨では濡れていないはずの壁や軒天(外から見える屋根の裏側)が濡れているとひょっとしたら雨漏りをしているかもしれません。

外壁がモルタルやサイディングだとわかりにくいかもしれませんが、木製の場合はすぐにわかります。モルタルやサイディングでも内側から水を含むと膨らんだりしてることもありますので、なんとなくいつもと違うなと感じたら外壁の点検と屋根の点検をお願いしてみるのをおすすめします。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です