知らないうちに雨漏りし続けている場合があります。

ようやく台風の雨漏りの問い合わせが落ち着いてきました。
問い合わせが落ち着いてきたものの、修理の依頼をいただいてもなかなか修理工事に行けないような状況はまだ続いていて、来月の中頃まではかかりそうな状況です。

台風に限らず、雨漏りの点検、調査に行くとまず部屋の中から天井や柱の雨漏りでできた雨染みを確認し、天井裏に上がることができるなら上がって天井裏の雨漏りの跡、屋根裏の雨漏りの場所、雨水が侵入した経路を確認します。
天井裏に上がった時には雨漏りをしている場所だけでなく、天井裏全体も確認するようにしているのですが、その際にお客さんの把握している雨漏り以外の雨漏りの跡を見つけることがあります。

家の中からでは確認できない雨漏り

普段生活をしている家の中からはわからない雨漏りというのがあって、よくあるのは普段使っていない部屋や押入れの雨漏りで気がつかないうちに雨漏りが広がってしまっていたということがあります。

さらに一切家の中からはわからずに雨漏りをしているもあります。
それは天井裏に敷き詰められた断熱材が雨漏りで侵入した雨水を受け止めてしまっている場合で、屋根から雨漏りをして屋根裏を濡らし、垂木、柱、梁を伝って天井裏の断熱材を濡らすのですが、断熱材があるために天井は濡れずに気がつかないうちにどんどん雨漏りをし続けてしまうことがあるんです。

 

2

 

家の中からは雨漏りに気がつかなくても、雨漏りし続けることで徐々に屋根裏の木材が腐り、垂木、柱、梁まで雨水で痛んでいくことになってしまいます。
屋根裏の木材が腐るぐらいならなんとか屋根屋さんの修理で済むこともありますが、垂木、柱、梁まで痛んでくると大工さんに依頼して大掛かりな修理工事をしないといけなくなってしまいます。

屋根からの雨漏りの点検、調査は屋根の上に上がって点検、調査しても明らかに瓦が割れている、瓦がズレているといった症状がないと実際のところなかなかわからないものです。
なので、雨漏りしているかどうか天井裏に上がって確認するのが一番いい方法です。

天井裏ならご自分で上がって確認することができますし、無理な場合は屋根屋さんにお願いして天井裏を確認してもらうことをおすすめします。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です