なんかスッキリしない終わり方だったけど、来年のシーズンが待ち遠しい。

ついにというか、やっとというかなんとも嫌な感じで今シーズンが終わってしまいました。
正直に言って昨日の試合も何か思いを込めて応援できないような、どこか冷めたような感じで見ているような見ていないような。

どうしてもあの泥んこ試合に負けた瞬間から、これは阪神のクライマックスシリーズファーストステージの勝ちはないなという流れができてしまっていたような感じがして。
負けそうな悪い予感しかしなくて、試合展開が1回の表からやっぱりなって感じだったんで1回の表が終わったところで興味が無くなり、娘の見たい番組に変えました。

なんでって思わずにいられない

なんであの状況で試合をやったのか、あの試合がなければって思っても仕方ないけど思わずにはいられない。

今シーズンは、鳥谷選手の顔面死球、2000本安打、糸井選手の初のサヨナラホームラン、秋山投手の活躍、安藤投手、新井選手、狩野選手の引退などなどあったのに、最後のクライマックスシリーズのあの1試合で釈然としないまま今年のシーズンが終わってしまった。

なんかスッキリしない。

もちろんあの試合はお互い様でどちらか一方が不利を受けたわけじゃない。
それはわかってるんだけど、どうもスッキリと納得できない終わり方。

 

終わりは始まり

まあそんなことを言ってもやり直しができるわけでもないし、せめてブログで愚痴ることでちょっとはスッキリはするのかな。

去年は4位だったからクライマックスシリーズに出ることすらできなかったから、2位の今年は去年よりはましだったしね。

来年に向けてどんな補強をするのか、本当に日ハムの中田選手を獲得しに行くのか? ドラフトは誰を指名するのか? 新外国人は? 藤浪投手は来年は大丈夫なのか? 中谷選手、大山選手の来年は? 大和選手、俊介選手のFA流出を阻止できるのか? 

などなど気になることがありすぎて、そんなことを気にしてるうちにもう来シーズンが始まる。

もう2018シーズンは始まってる。
「超変革」、「挑む」とスローガンを掲げた1年目、2年目が終わりいよいよ金本阪神勝負の3年目、弱くはない弱くはないんだけど、ここぞという時に勝負弱さがある阪神タイガースを来年はどう変えて行くのか、もう来シーズンが待ち遠しい!

 

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です