瓦の専門知識を持ったプロは絶対に瓦の隙間を埋めない。

今までに何度もブログで書いてきたことなんですけどね。

「地震や台風で瓦が飛ばないように」
「雨漏りしないように」

という理由で瓦と瓦の重なりをシリコン剤、いわゆるコーキングでくっつけて埋めてしまうのは本当にやめてくださいね。

ボクたち屋根屋、瓦屋も瓦の施工でコーキングを使うことがありますけど、それは瓦を釘で固定できない時などに雨に影響のない箇所で使うのであって、ちゃんと瓦の知識を持っている者が使います。

瓦と瓦の重なりの隙間をコーキングで埋めてしまうようなことは絶対にしません。
瓦の形状や瓦と瓦の隙間の役割を理解して、隙間をコーキングで埋めてしまうことによって雨漏りを誘発する危険性があることをわかっているので絶対にしません。

瓦の隙間は雨を排出するようにできている

今日雨漏りの連絡をいただいて点検、調査に伺ったお客さんの屋根は瓦と瓦の隙間にビッチリとコーキングがされてしまっていて、雨漏りの原因、場所を特定することすらできませんでした。

 

 

このような状態にされてしまっていると瓦を外すことができないから、どこから雨が漏っているのかわかりませんし、仮に雨漏りの場所を特定できても、もうこの瓦は使えません。
コーキングをしてなかったら、瓦を外して雨漏りの原因を特定することができますし、瓦の耐久性を考えるとまだまだこの瓦を使うことができるんです。

どれだけ隙間なく瓦と瓦の隙間をコーキングで埋めても、コーキングは太陽光や風雨の影響で縮んで剥離します。コーキングが外れたり、切れたりした隙間から入った雨は隙間がコーキングで埋められていることで排出されなくなります。

瓦と瓦の隙間から雨が入って雨漏りをするんじゃなくて、隙間から入った雨がコーキングで排出されないことで雨が漏るんです。

本来瓦は、瓦と瓦の隙間から入った雨は外に排出されるような形状になっているんです。
その隙間を埋めてしまうことは雨漏りをしやすくしてるだけなんです。

残念ですが、今日のお客さんにもそのことを説明させてもらいました。
お客さんはものすごく残念がっておられました。
コーキングをした業者はとっくの昔に音信不通になっていて、連絡を取りたくても取ることができないということでした。

このような事例はうちの会社に雨漏りの相談をされるお客さんだけでも年に何十件もあります。
特に1995年の阪神淡路大震災で屋根に被害を受けられたお客さんが、もう二度と地震で瓦が崩れないようにと訪問してきた業者に安易に頼んでしまったケースが多く、阪神淡路大震災から20年以上が経った今、その当時のコーキングが劣化して雨漏りしてしまうケースが増えてます。

瓦にコーキングをするのはやめてくださいね。

どうしても地震で瓦が崩れるのが心配だから瓦をコーキングで止めて欲しいという場合は、訪問業者やリフォーム屋さんに頼まずに、屋根屋、瓦屋に頼んでください。
瓦の専門知識を持ったプロに頼んでくださいね。

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です