屋根を軽くするだけで本当に地震に強い建物になるの?

「地震が怖いから屋根を軽くしたい」

「屋根が重かったら地震で家が崩れるでしょう」

うちの会社に屋根の葺き替え工事の仕事のご依頼をいただくお客さんのうち半数以上は、「屋根を軽くしたいんです」って理由で依頼をされるんです。

で、「屋根を軽くしたい」って理由で依頼されるから当然屋根の上に乗ってるのは重い瓦で、重い瓦からスレート屋根材や金属屋根材といった軽い屋根材への葺き替えを希望されるんですね。

わかるんです。

その気持ちわかるんですけど、

「本当に屋根を軽くするだけでで地震に強い建物になるの?」
ってことです。

答えはNOです。
完全にはNOじゃないけど、まあほとんどNOです。

屋根を軽くするだけでは本当に地震に強い建物にはなりません。

なんでかというと

屋根を軽くするだけで本当に地震に強い建物になるの?

国土交通省国土技術政策総合研究所の主任研究官 中川貴文氏が研究し開発した木造住宅の耐震シュミレーションソフト wallstat(ウォールスタット)でのシュミレーション、研究の結果では、耐震基準を満たしていない建物の屋根を重い瓦からスレート屋根材、金属屋根材などの軽い屋根材に変えても実はあまり意味がないという研究結果になったそうです。

屋根の軽量化は重量の減少により耐震性を向上させる一定の効果はあるが、補強計画を伴わない改修(屋根を軽量化するだけなど)は元の評点(建物の耐震診断評点、建物の地震に対する強さ)が低い場合に、十分に耐震性を確保できない場合がある

耐震診断による補強計画を行った耐震改修は重い建物(瓦屋根による木造住宅)でも効果を発揮

屋根荷重等の建物の実態に応じた補強計画が重要

瓦屋根木造住宅の耐震性能評価
〜耐震シュミレーションによる検証〜より引用

 

ちょっと専門用語が多すぎて伝わりにくいけど、わかりやすく言うと、建物の構造の耐震性能が低いと屋根を軽くしただけでは意味がないってこと。

耐震性能が低い建物と言うのは、例えば昭和56年に改定された耐震基準より以前に建てられた建物(旧耐震基準で建てられた建物)で壁量不足や筋交いなどの補強金物などがない建物。

地震に強い建物にするには

きちんと家の耐震診断をしてもらう。
自分の家の地震に対する強さを知っておく。

まずはそこからです。

特に昭和56年以前に建てられた建物の場合は、耐震性能が低い可能性があります。
その場合は、屋根を軽くするよりも壁を増やしたり、筋交い、柱などの接合部を補強することの方が地震に強い建物になります。

建物に応じた耐震補強をすることが重要です。
耐震性能が低い建物の屋根を軽くしてもあまり意味がないんです。
屋根を軽くするお金があるなら、建物の補強をした方がいいってことです。

 

この実験動画の建物は、昭和56年以前の旧耐震基準の建物で、どちらの建物も屋根の仕様は瓦で全く同じ施工で重さも同じです。
右の建物には耐震補強をしています。

 

 

地震に強い建物にするには、屋根を軽くすればいいって考えはもうやめた方がいいですよ。
それよりも建物の耐震性能を把握して、建物に応じた耐震補強をする方がいいですよ。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です