ブログのネタに困らないように意識してネタを探してます。

「毎日毎日ブログに書くネタどうしてる?」
ってことをこの頃よく聞かれるようになったし、聞くようにもなった。
そんなに毎日毎日、ブログに書くような特別なことは無いし、起こらない。
仕事のことで書こうと思ってストックしてるネタが何個かあるにはあるけど、まとめて無いから時間のある時じゃないと書けないし。

意識してブログのネタを探してる

何かブログのネタになるようなことはないか常に意識していろんなことに注目するようにして、毎日入ってくる山のような情報の中から、自分の興味のあることや面白いと思ったこと、ブログに書いて誰かの役に立つようなことはないかなと、少しでも気になることがあればスマホのメモに残したり、写真を撮って保存したりして、ブログの下書きにネタを書き溜めたりしています。

それでも毎日毎日ブログに書くようなネタに出会うわけもないからいざブログを書こうとすると何を書くか悩むこともしばしばで、そんな時は過去に書いたブログをリトライしてごまかしたりもします。

 

去年の3月に書いたネタ

昨日の夕方何気に車の中でテレビを見てたら、「斎藤工に無茶振りに挑戦」「瓦割りにチャレンジ」って芸能ニュースが流れてきました。

「斎藤工が瓦割り」よし、ブログのネタができたぞと。

瓦だから仕事のことだし、ひょっとしたら誰か瓦割りをしてみたい人がいるかもしれないから、その人に役に立つブログになるかもしれない。

去年の3月に同じように瓦割りでブログを書いたけど、1年も前のブログなんか誰も覚えてないだろうし、1年前のブログはアメブロで書いてるし、今のブログでは書いてないし、1年前の瓦割りは斎藤工じゃなくて松坂桃李だったしね。

 

kirin04

松坂桃李の瓦割り

 

DSC_8690

斎藤工の瓦割り

松坂桃李は10枚、斎藤工は9枚。
どちらも見事に瓦割ってますね。

うん。
けどね、普段ボクたちが使ってる本当の瓦は、かなりの空手の有段者でもない限り10枚も割れないです。
普通の人は2枚か3枚割れたらいいほう。

じゃ松坂桃李も斎藤工もすごい空手の有段者かというと、そうじゃなくて。

瓦が瓦割り用の割れやすく作ってる瓦なんです。

空手瓦っていう専用の瓦なんです。

本当に屋根に使う瓦で同じ形の熨斗(のし)瓦という瓦があるんですけど、その瓦はもともと割って使う瓦なんで裏に切れ込みが入っていて使う時に割りやすいようになってます。
けど、さすがに手で叩いたり殴ったりして割るようなことはないんです。

 

熨斗(のし)瓦

熨斗(のし)瓦

 

この熨斗(のし)瓦を簡単に割れるように作ってるのが空手瓦という商品でアマゾンでも買うことができるので、興味がある人はお近くのアマゾンでどうぞ。

いやいや、本当の瓦を割ってみたいって人はお近くの瓦屋さんで買ってください。
けど10枚にチャレンジとかはやめといた方がいいですよ。
怪我するからね。2、3枚でもかなり痛いよ。
手の甲の皮がめくれたりするよ。

以上、これからも誰かが瓦割りをしたっていう芸能ニュースがある度にこのネタでブログを書こうと思ってます。

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です