日本の瓦の歴史。飛鳥時代に伝来し、奈良時代に普及した瓦

瓦の起源はメソポタミア、インド、中国、その他とあっていつどこで作られるようになったかは定かではないのですが、日本には588年に百済から伝わったという説が有力です。

瓦の歴史は日本の歴史と言ってもいいほど、日本史と密接な関係があることもある瓦の歴史。歴史上の人物とも関係があることもある瓦の歴史。
その歴史は、約1400年以上前の飛鳥時代まで遡ります。

 

瓦の伝来 飛鳥時代

大陸から日本に瓦が伝わったのは、百済からお寺を作る技術者、寺工(てらたくみ)と一緒に瓦博士「麻奈父、奴陽貴、文陵貴、文昔麻帝弥」の4人が渡来したという記述が「日本書紀」に残されていることから588年頃だと言われています。

日本で最初に瓦が使用された建物は、蘇我馬子が建てた法興寺(飛鳥寺)で596年に完成し、その後都の遷都に伴って710年に平城京(現在の奈良市)に移転されて元興寺と名前を変えて今も現存しています。
その当時建物の一部や瓦も移設されたのですが、昭和30年代に元興寺の解体修理をした際に、屋根から降ろされた瓦を調査したところ、もともと法興寺(飛鳥寺)の創建時に使われていた瓦が約170枚残っていたそうです。

1400年以上も前の瓦が今も元興寺の屋根の上であり続けています。

 

 

日本最古で最初の瓦は行基葺きという古い葺き方で葺かれています。

元興寺

 

昨年の9月に特別企画で仮設足場からその1400年以上前の瓦を間近に見ることができました。目の前の屋根に見た1400年以上あり続けたその瓦は、当然現在の瓦と比べると色も形も大きさも厚さもまちまちで不揃いな瓦ですが、その圧倒的な存在感を表現する言葉が見つからないほどに魅了されました。

全く飽きることなく眺めていれる。

圧倒的な古びた美しさ

 

瓦の普及 奈良時代

飛鳥時代に百済より伝来した瓦は、その後造寺とともに近畿地方を中心に広まります。
694年に持統天皇が藤原京に建てた藤原宮にそれまでお寺にしか使われていなかった瓦を宮殿に使い。平城京、長岡京、平安京などにも使われていくようになりました。

奈良時代になると、聖武天皇が災害や疫病が流行を仏教によって収めようと、国家鎮静のために「国分寺建立の詔」を741年に、「東大寺盧遮那仏像の建立の詔」を743年に出し、日本各地に国分寺、国分尼寺が建てられることで、東北地方から九州地方まで瓦の製造方法、施工方法が日本各地に広がり、瓦の普及につながっていきます。

 

20160509162851

東大寺 現在の東大寺は江戸時代に建てられた三代目で使われている瓦の枚数は、109400枚。

また聖武天皇は大政官令で、ある程度の地位と財力を持った庶民はなるべく瓦を使ったほうがよいとし、ますます瓦の需要が増え、生産量も増えていきます。

 

奈良時代に聖武天皇によって瓦が日本各地に広まり、普及していくことになったのですが、あまりにも急激に普及したことで、瓦を生産する技術者が不足し、需要に供給が追いつかなくなってしまい瓦の質の低下につながっていくことになってしまいます。

平安時代に瓦が衰退していく歴史はまた次回。

 

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です