どうすれば自分の家の屋根瓦が土葺き工法か引っ掛け桟工法かわかるの?

先日(25日)以来、ブログのアクセス数が過去最高を記録して、2日経った今日もボクのブログでは通常考えられないぐらいのアクセスが続いてます。

それほどまでに反響のあったブログはこちら

http://banshuukawara.com/blog/archives/1180

地震で屋根瓦が崩れ落ちる理由に興味があった、興味がなかったに関わらず、多くの人に知ってもらいたかったことなんで、多くの人がブログの記事を見てくれたことが本当に嬉しいです。

土葺き工法と引っ掛け桟工法

ブログ記事にリンクを貼ったフジテレビ系FNNさんの報道の中でも取り上げられていた屋根瓦を施工する工法についてですが、報道の中でしっかりと説明されていますが簡単に言うと、土で瓦を屋根に留めるのが土葺き工法、釘やビスで屋根(屋根に取り付けた木材)に留めるのが引っ掛け桟工法。

 

土葺き工法だと年月とともに土の粘りが無くなり、大きな地震の揺れで瓦が土と一緒に崩れ落ちてしまいます。

 

土葺き工法の屋根。屋根一面に土が置かれてます。

土葺き工法の屋根。屋根一面に土が置かれてます。

 

一方の引っ掛け桟工法だと屋根に瓦桟(瓦を引っ掛ける為の木材)を釘、ビスで打ち付け、それに瓦を引っ掛け、さらに瓦を釘、ビスで留めるので大きな地震の揺れでも瓦が崩れ落ちることがありません。

 

引っ掛け桟工法。瓦桟に瓦を引っ掛けて釘やビスで固定。

引っ掛け桟工法。瓦桟に瓦を引っ掛けて釘やビスで固定。

自分の家の屋根瓦はどっちの工法?

これが気になるところですよね。
自分の家の屋根瓦が土葺き工法なの? 引っ掛け桟工法なの?
さらに細かく言うと引っ掛け桟工法でも土も使ってる工法もあったりして、外から屋根を見てもわかりません。

もし仮に家の施工仕様書があったとしても屋根瓦の施工が何工法なのか、多分どこにも書いてないと思います。

自分の家の屋根瓦の施工の工法を知る方法は、
屋根に上がって、瓦を外してみる。
これしかありません。

瓦を外してみて土があれば土葺き工法。
瓦を外してみて土がなければ引っ掛け桟工法。

これが一番正確で分かりやすい方法。

ただ、上にも書いたように引っ掛け桟工法でも土を置いて瓦を留めて、さらに瓦を瓦桟に引っ掛けて釘やビスで留めている場合もあるんで、瓦を外してみて土があるから土葺き工法で、大きな地震の揺れで屋根から瓦が崩れ落ちるというわけではないんです。

 

自分の家の屋根の屋根瓦が大きな地震の揺れで崩れ落ちるのかどうか、気になりますよね。心配ですよね。
そんな時はお近くの屋根屋さん、瓦屋さんに診てもらってください。
土葺き工法か、引っ掛け桟工法かも調べてくれますよ。

 

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です