日本最古で日本で最初の瓦が目の前で見れるチャンスが残りわずかです。

先週に引き続き今週も月曜日が雨。
先週の雨の月曜日に日本海で思いがけないドラマがあったオカです。
その話は先週たっぷりといろんなところでしたんで興味ある人は先週のブログを見て適当に笑ってもらえると助かります。

「古代瓦見学 飛鳥・奈良時代の瓦と接近!」

後12日で終わっちゃいますよー!
うかうかしてたら見逃しますよー!終わっちゃいますよー!

瓦好きな人には何が何でも見に行って欲しい、瓦好きじゃなくても見て欲しい、これ。

「古代瓦見学 飛鳥・奈良時代の瓦と接近!」期間中、特設の足場に上がり、直近から古代瓦をご覧いただけます。

(元興寺公式サイトから引用)

これ!

日本最古で最初の瓦は行基葺きという古い葺き方で葺かれています。

日本最古で最初の瓦は元興寺の屋根の上に今もあります。

普段は下から見上げることしかできない元興寺の屋根に葺かれている1400年以上も前の瓦が目の前で見れるチャンス!
このチャンスを逃すともう二度と目の前で見ることができないかもしれない。(定かじゃない)元興寺境内の資料室にその瓦が展示されているのですが、やっぱり実際に屋根の上にある1400年前の瓦を見てみたいじゃないですか!

どうせ行くならどこに行くかより誰と行くか

そんな元興寺の「古代瓦見学 飛鳥・奈良時代の瓦と接近!」
せっかく奈良まで行くんだから一人で行ってもいいけど何かもの足りない。

そんな時はこれ、愛知県の瓦メーカー株式会社山平神谷英嗣さん(じょび)がせっかくだからつながってる人と一緒に楽しみたいと急遽立ち上げてくれたイベント。

「元興寺の1400年前の瓦を見に行こうツアー」

一緒に元興寺に行って1400年前の瓦を一緒に見ようというだけで、まったくノープランのようですけど、いいじゃないですか。せっかく奈良まで行くんだったら元興寺に行くだけじゃなく奈良町観光をするのもよし、ちょっと足を伸ばして東大寺など神社仏閣を巡るのもよし、瓦関係者じゃなくてもよし、なんなら瓦好きじゃなくてもよし。

密かにボクは奈良町にあるとっても美味しいと評判のかき氷屋さん「ほうせき箱」さんに行ってみたいと思ってます。

ゆるーい感じのイベントになりそうなので誰でも参加OKだと思います。
予定では9月13日火曜日に現地集合、現地解散になると思います。
一緒に元興寺の1400年前の瓦を間近に見て古都奈良に思いを馳せてみませんか!


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。