窯入れ!ついにこの日を迎えました。

こんにちは、岡です。急な夕立、ゲリラ豪雨が多くなるこの季節、屋根の上で作業している職人は常に携帯アプリで雨雲レーダーをチェックしながら現場作業をしています。屋根の上にいると雨の気配が感じられるんですが今の携帯の天気アプリはかなり優秀で後どれぐらいで雨が降るかもわかるので便利です。

淡路島で窯入れしてきました。

今日は朝から大急ぎで会社の加工場に行き、数日前から乾燥させていてついに窯入れの日を迎えたはじめての作品を車に積み込んで作品が衝撃で割れないように慎重に運転して淡路島に向かいました。

先月から始めた淡路島の瓦の原料となる土を使ってのモノつくり、日々何度も何度も繰り返し繰り返し土を捏ね、伸ばし、成形し、まだまだ作品と呼ぶには程遠いレベルですが少しずつですがなんとか形になってきました。

成形、乾燥までは自分の手でできるんですが、うちの会社は瓦を施工する会社であって瓦を製造しているのではないので瓦を焼く窯がなく、最後の焼く工程は淡路島の大栄窯業さんにお願いしました。

瓦を焼く窯で瓦と一緒に焼いてもらいます。

瓦を焼く窯で瓦と一緒に焼いてもらいます。

前々から興味があったのになかなか一歩が踏み出せず、興味があったことすら忘れてしまっていたこと。

今回の淡路島で取れる瓦の原料の土を使ってのモノつくりという取り組みは、前々から興味があったことなのに、ずっと行動に移せずに興味があったことすら忘れてしまっていました。
今のボクの刺激の原点であるエクスマで個人が独自の価値を高めて発信することの大切さに気づき、実践していこうと考えたことでやっと行動に移すことができました。

今回作品を焼いてもらう大栄窯業の道上大輔さんには度々お会いして刺激を受けていて、道上大輔さんの瓦に対する想い、熱意、取り組みに共感して協力をお願いしました。
本当に道上大輔さんがいなかったら行動に移すことができなかったと思います。改めて本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。

窯から出てくるのが楽しみでしょうがない。

今日の午前中に窯入れをしすぐに焼けるわけではなく、ゆっくりと温度を上げてゆっくりと焼き上げますんで、焼きあがった作品と対面するのは木曜日の予定です。

正直に言って、初めての作品はいろんな面でしくじると思います。
乾燥の時に反ってしまっていたり、ちゃんと乾燥していなかったり、作品自体が薄すぎて強度不足で割れてしまう可能性があったりと不安な要素ばっかりです。

まあ最初からうまくいくとは思ってないんである程度の失敗は想定内です。その分だいぶ余分に作りましたから。
それでももちろん全ての作品が綺麗に焼きあがって出てきてくれるのを期待しています。

今回焼いてもらう作品の一部です。綺麗に焼きあがってきて欲しいです。

今回焼いてもらう作品の一部です。綺麗に焼きあがってきて欲しいです。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。