エクスマの同期との関係が今後の人生を左右するのかも

やりたいこと、やらないといけないことが山のように(冷静に考えると4つ5つなんだけど)あって何から手をつけたらいいかわからなくなることってありますよね。
会社的に仕事的に考えると優先順位をつけてちゃんと順番通りにするのが一番いいんだとわかっていても、ついつい自分がやっていて楽しい、面白いことをを優先させて間にやらないといけないことをブッコンでしまう岡です。こんにちは。

今日のブログは一緒にエクスマを学んでいる塾の同期のメンバーに向けて書いてます。
次の塾が塾の最終日、もう今日を入れて10日しかないから思ってることを正直に飾らずに書いてます。ちょっとウザめなブログになってます。

そんなに同期のことに興味はなかった

5月30日から始まったエクスマ75期大阪の塾生にはボクを含めて14人の同期の塾生がいます。正直に言って75期が始まる前までそんなに同期の塾生に興味はなかった。
塾が始まる前から知っている人が半分くらいいて一緒にエクスマを学べることが嬉しかったのはありますけど、言っても合宿を含めて4回ぐらいしか会わないし、そんなに仲良くなることもないだろうって思ってました。
エクスマを学ぶために高額の費用を払って塾に行ってるんだから藤村先生(スコット)と講師の人から学ぶんであって同期と一緒に学ぶってことに感心はなかった。
なんなら同期は4、5人でいいのになとまで思ってた。
その方がより講師の人と密接になれるからより多く学べると思ったりしてた。
4回の塾が終わったらみんなそれぞれ職業も違うし、住んでる場所も違うからそんなに会うこともないだろうしって思ってた。

課題を一緒に考え、一緒に悩むことで絆が深まる

ボクは普段から絆って言葉は使わないし、あんまり感じたこともないし、絆って言葉は軽々しく使う言葉じゃないと思ってて今でもそれは変わらない。
けど、塾の合宿で全然違う職業の同期が一緒に課題に取り組むことで徐々相手を思いやる気持ち、相手に感謝する気持ちが出てきて、もっとみんなのことをよく知りたい、もっと仲良くなりたいって思うようになってきた。
絆が深まってきた気がする。
合宿が終わって帰る時にもう少しみんなと一緒にいたいって思ってて言い出せなかったのはナイショ。

帰りたくなかったなー

帰りたくなかったなー

同期との関係性が今後に影響する

大げさかもしれないけど、本当にそう思う。
というかそうじゃないとダメなんじゃないかな。
仕事にも仕事以外にもお互いに影響しあうことが絶対にあると思う。

同期のみんなのことをもっとよく知りたいから、もっと仲良くなりたいから、みんなで圧倒的になりたいから、あと1回でエクスマ75期が終わるけど塾が終わったからって同期のみんなとの関係が終わりじゃないやんね。むしろ塾が終わってからの関係が重要でしょう。
同期との関係性がなかったら塾に行った意味がないとまで思ってるから。

みなみちゃんが意外とキャピキャピしてたり、まきまきがかなりの酒豪だったり、ひらっちが男前だったり、にわっちがどんどん砕けていったり、ガリバーのお店にも行きたいし、トムが楽しむようになってきてたり、ボンバーの催眠術にかかったり、ホッティーの塩をリピートしないで怒られたり、ワイザンはエリートだから卒業したり、だいちゃんは歌が上手いのか気になるし、エイミーに髪の毛じゃなくて似顔絵描いて欲しいし、セイジにかっこいい髪型にして欲しいし、今後のグッチがすごく気になるし。

ここまで同期のみんなのことが気になるようになるとは考えてもなかった。

以上、先日の塾中に「同期が塾以外で仲良くしてるのを見るのが本当に好きなんだよ」って藤村先生が言われてた時にちょっと泣きそうになったちょっとウザめな小池でした。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。