「近くの家で工事をしている人からこのままだと屋根から雨漏りするって言われたんだけど、心配だから見てもらえませんか?」

「近くの家で工事をしている人からこのままだと屋根から雨漏りするって言われたんだけど、心配だから見てもらえませんか?」っていう問い合わせが年に20件ほどあるんです。

いわゆる点検商法ってやつですね。

こういう場合、ああまたかって思いながらも念のために屋根の点検に行かせてもらいますけどほぼ問題ないんです。
だけど、お客さんは屋根の上がって自分で点検することができないし、いかにも業者な感じの専門家っぽい人から「屋根が痛んでますよ」「瓦がズレてますよ」「漆喰が剥がれてますよ」「雨漏りしますよ」って言われたら不安になりますよね。

斜め向かいの家の屋根から見て雨漏りするかしないかなんてほとんどわかりません。
「屋根が痛んでるから雨漏りしますよ」ってどんだけ視力いいねん。

近くで工事をしてるっていう常套文句

本当に工事をしている場合もあるし、全くの嘘で全然工事をしてない場合もある、なんなら他の会社が工事で仮設の足場を組んでる家があれば自分のところが工事をしているふりをする業者もいます。

「近くで工事をしていてお宅の家の屋根が気になったんで」って訪問してくる業者の言うこと99%嘘です。言い切っちゃうのはどうかとも思うんで99%にしたけど、ほぼ100%嘘です。

もしそういった業者が来たら「わざわざありがとう。じゃあ知り合いの業者に見てもらうわ。」って伝えてとっとと帰ってもらいましょう。

「近くで工事してるし、ついでに屋根の点検しますよ。ついでに工事しますよ。」
って言ってくると思いますけど、絶対に屋根に上がらせてはダメです。

屋根の上は家の人が上がって確認することが困難なので、一度屋根の上に上げてしまうと、なんの問題もない屋根の瓦をわざとズラしたり、漆喰を剥がしたりして写真を撮って見せたり。
中にはなんの問題もない瓦をわざと割って、「やっぱり瓦が割れてました。」って写真を見せる業者もいますからね。

一時に比べると多少は減ったけど、それでも屋根工事には悪徳リフォーム業者が多い!
一昨日、昨日と悪徳リフォーム業者に関するブログ記事を書きましたが、今までもそうだったんですけど、悪徳リフォーム業者に関するブログはアクセス数...

絶対に知らない人を屋根に上げちゃダメですよ。

業者に「屋根が痛んでますよ」「瓦がズレてますよ」「漆喰が剥がれてますよ」「雨漏りしますよ」って言われたら不安になるけど、多分大丈夫です。
どうしても不安なら近くの屋根屋さんに見てもらってください。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。