楽しみと考えるのか、うちには関係ないって考えるのかで変わって来るんだろうな。

ドローンを仕事で使うようになる日が近づいて来てる

いよいよドローンで屋根の面積や長さを計測できるアプリが開発されたそうです。
屋根に上がるのが困難な急な角度の屋根や梯子(はしご)が架けられない屋根などの計測や点検に有効に使えそうです。

ただ今のところアプリだけでは使えなくて、ドローンの機材一式、専用タブレット、保険、写真管理ツールなどをパッケージ販売のみで、さらに月額の課金もいるみたい。

トータルでかかる金額の総額を考えるとすぐに利用しようって屋根屋さんはそんなにもいないだろうとは思うけど、もう屋根屋さんにもそういう技術が入って来ているってことを素直に受け入れないといけないんだなって思います。

もう実際にドローンで屋根の点検、調査をしている会社もかなりいるみたいです。

こういう新しい技術が入って来るときには必ずといっていいぐらいに何かにつけて反対する意見が出たりします。

「近所からクレームが来ないの」

「実際に屋根に上がらないとわからないことがあるだろ」

「どこまで正確に計測できるの」

実際にボクも気になることがないわけじゃない。
屋根の点検は実際に屋根の上に上がらないとわからないだろうって思います。

けど簡易的な点検ならドローンで十分対応できそう。

とりあえず素直に受け入れてみるのもいいんじゃないのかな。

ドローン面白そうだし。

屋根業界にも機械が人の変わりに仕事をしてくれる時代がすぐそこに来てる。

ドローンで宅配するサービスができる今の世の中、きっと近い将来ドローンで瓦を屋根の上に揚げたり、屋根の上から瓦を降ろしたりできる時が来ると思います。

瓦を屋根の上に挙げる作業は今でも瓦揚げ機という機械を梯子につけて台車を電動で揚げてくれるけど、台車から瓦を持って屋根の上を歩いて瓦を屋根の上に置くのは人の仕事。

ドローンなら瓦を屋根の上に置くとこまできっとできるでしょう。

ドローンが地上から瓦を揚げて屋根の上の決められた場所に置くまでをやってくれたら屋根屋さんかなり楽になります。

楽になるということは、労働力を省くことができる。
労働力を省くことができるということは、仕事の単価を今以上に下げないといけなくなるってことです。

そう考えるとますます屋根屋さんが生き残るのが厳しい時代になって来るんでしょうね。

けどドローンを使って屋根屋さんができる新しいサービスを考えて、他の屋根屋さんにはない独自の価値を生み出すチャンスだと考えるとちょっと楽しくなる。

今すぐには影響ないと思うけど、何年か先には屋根屋さんはドローンを使うんが当たり前になってるんだろうな。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。