本当は怖いかも知れない、気がつかない雨漏りの話

今日も昨日に引き続き、屋根からの雨漏りの点検調査で屋根裏に入ってました。
昨日のブログでもお伝えしたんですけど、夏場の屋根裏は地獄のような暑さなんです。けど雨漏りしている箇所、原因を確実に突き止めるにはどうしても屋根裏に入らないといけないケースもあって、実は屋根裏好きな屋根屋オカコウジなんです。

雨漏りしてるのに気がつかない

雨漏りしてるのに雨漏りしていることに気がつかないということがよくあります。
天井に雨漏りでできた雨染みがあればすぐに気がつくことができるんですけど、実は天井にできる雨染みは、そこそこの量の雨が漏らないとできないんです。

少量の雨漏りは雨が屋根から入っても天井裏に落ちるまでに桁や梁などの木材に吸収されてしまいます。
また木材が吸収できないくらいの雨が屋根から漏れて、天井裏に雨が落ちたりしても今の住宅の天井裏には断熱材が敷き詰めてあるので、断熱材が濡れるだけで天井に雨染みとして出ないことがあります。

実際には雨漏りしていても目に見えないことが多いんです。

屋根裏の雨漏り

屋根裏の雨漏り

上の写真のように屋根からの雨漏りで屋根裏の木材にこんなにも雨染みが出ていても

断熱材が雨を受け止める

断熱材が雨を受け止める

木材から伝った雨を断熱材が受け止めることで天井に雨染みとして表れてこないから、雨漏りしていることに気がつかないんです。
さらに断熱材が防音材の役目をして、木材を伝って落ちる雨の音を消してしまうことも雨漏りに気がつかない要因になります。

天井にできた雨染み

天井にできた雨染み

このような場合、上の写真のように天井に雨染みができるまでにはかなりの期間、かなりの量の雨が漏らないと気がつかないということになってしまいます。

断熱材のおかげで天井に雨染みができなくてよかった。

じゃなくて、断熱材があるために雨漏りに気がつくのが遅れてしまうことで、最悪の場合は雨漏りに気がついた時には屋根裏の木材が雨漏りで腐ってしまっているなんてことにもなってしまうんです。

早く雨漏りに気がつく方法

では、そんなことにならないように雨漏りにできるだけ早く気がつくためにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。

屋根裏に入って確認すればいいんです。

特に大雨が降っている時に屋根裏に入って確認すればいいんです。

屋根裏と聞くと何か特別なような場所みたいに感じるかもしれませんが、今の住宅にはだいたい屋根裏を点検するための点検口が押入れなどの上にあります。

そこから定期的に屋根裏に入って確認しておけば、雨漏りしている場合は早く気がつくことができます。

ただ夏場の真昼間の屋根裏はかなりの暑さなんで気をつけてくださいね。
それと基本的には真っ暗なので懐中電灯を忘れずに。

あっ後、屋根裏に入って天井裏に足を置くと天井が抜けてしまうこともあるんで、屋根裏での移動は桁や梁(比較的太い木材)の上だけにしてくださいね。

あっそれと屋根裏に入るとまあまあ汚れますから汚れてもいい格好で入ってくださいね。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。