自分の好きなことが人を騙す材料になるのって嫌ですよね。

「漆喰が剥がれてますよ」
「このままにしてたら雨が漏りますよ」
「近所でやってるからついでにやってあげますよ」

って言葉巧みに騙そうとする悪徳訪問業者が訪問するきっかけにすることが多い、屋根の瓦の漆喰。

じゃあちょっと見てもらおうかなって軽い気持ちで頼んじゃうと悪くもない漆喰を無理やり剥がして写真に撮って危機感を煽ったり、漆喰を見るって言いながら瓦が痛んでるから屋根を全部やりかえた方がいいよって頼んでもない工事を見積もりしたり、とんでもなく法外な金額を請求されたり、漆喰の工事をして雨漏りがしてしまったりと、「漆喰が痛んでますよ」って訪問してくる業者にまともな業者はまずいません。
全部悪徳訪問業者だって断言してもいいと思います。

実際に漆喰が痛んで雨漏りすることもあるんだけど、ちょっと漆喰が痛んでるぐらいで雨漏りするんだったら日本全国雨漏りしてる家だらけです。

それよりも専門業者じゃない業者が屋根の瓦の漆喰をすることの方がよっぽど危険で、雨漏りする原因になったりもします。

実は簡単じゃない屋根の瓦の漆喰

屋根の瓦の漆喰を塗る技術はそんなに難しいことじゃなくて、誰でも繰り返し練習すればそこそこ塗れるようになります。

それよりも新しい漆喰を塗る為に古い漆喰を剥がしたりだとか、漆喰を塗る厚みだとか、塗っていいとこ、悪いとこなんかの知識や技術の方が重要で、古い漆喰もただ剥がすだけじゃなくて瓦の状態によっては漆喰を剥がす前に瓦を調整したりする必要があってその見極めや瓦の調整の技術はやっぱり瓦屋、屋根屋の知識、技術が必要になってきます。

悪徳専門業者はそんな知識や技術がないのと、古い漆喰を剥がす作業が手間なのと、古い漆喰をそのままにしといた方が新しい漆喰を塗りやすいからって理由、ようは手抜き工事をしてるってことで、お客さんに説明をせずに古い漆喰の上から新しい漆喰を塗って雨漏りの原因を作ってしまいます。

漆喰の厚みが厚すぎると雨漏りの原因になります。

漆喰の厚みが厚すぎると雨漏りの原因になります。

うちの会社が漆喰の塗り替え工事を依頼されて工事に行くと、ほとんどの場合は漆喰が重ね塗りで二重に塗られてます。時には三重になったりしてることもあったりします。
そんな場合はほとんど漆喰の中に雨が染み込んでしまっています。

漆喰を厚塗り、重ね塗りをするとそれだけ雨に当たりやすくなるし、瓦を伝う雨が漆喰にも伝いやすくなるから余計に漆喰が痛みやすくもなってしまいます。

漆喰を塗るのが好きだから

ボクは屋根の瓦の漆喰を塗るのが大好きなんです。

左官屋さんじゃないから毎日漆喰を塗ってるわけじゃなくて、たまにしか塗らないからかもしれないけど(毎日だったら飽きてきて嫌いになるかもだけど(笑))
漆喰を塗ってる時は時間が経つのを忘れるぐらい集中して没頭できたりします。

だからこそ、屋根の瓦の漆喰が人を騙して金を儲けようとする悪徳訪問業者の材料にされることが嫌で許せないんです。

屋根の瓦の漆喰が痛んで気になるなら専門業者に頼んでくださいね。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。