屋根の材料で室温が変わるって知ってました?

先日クーラーはこまめに電源を入れたり切ったりするよりも付けっ放しの方が電気代が安くなるっていうにわかには信じ難い話を聞きました。もし本当ならこの夏はクーラーを付けっ放しで乗り切ろうと考えてます。お暑ーございます岡です。

夏場の外の気温が高く暑いと当然家の中の室温も高くて暑いんでクーラー使いますよね。
そんな家の中の室温が屋根に使われている材料によって変わるって知ってました?
普段生活しているご自分の家は住み慣れているのであまり気にならないかもしれませんが、かなり変わるんです。

屋根材による温度の違い

瓦とスレート屋根材で夏場の温度を測定した実験によると
外気温が30度を超える日中で屋根材の表面温度は
瓦が約71度、スレート屋根材が79度。
野地板裏の温度は
瓦が約44度、スレート屋根材が約58度。
天井裏の温度は
瓦が約42度、スレート屋根材が約47度。

なぜこのように屋根材によって温度に違いが出るのかというと、一つは屋根材の日射吸収率の違いで屋根材の色による違いもあるのですが、スレート屋根材は瓦に比べて日射吸収率が高いために屋根材の表面温度が高くなります。

屋根材と野地板の隙間に断熱効果がある。

次に屋根材の施工の仕方の違いが重要で、スレート屋根材は野地板と屋根材との間にほとんど隙間がなく屋根材の温度が野地板に伝わりやすいのに対して、瓦は屋根材と野地板に最大で約5cmの隙間があります。この違いが天井裏の温度の違いに直結します。

瓦は屋根材と野地板の間に空気の層がある。

瓦は屋根材と野地板の間に空気の層がある。

瓦は野地板の上に瓦桟という木材を打ってその上に瓦を乗せるので瓦と野地板との間に隙間(空気の層)ができる。

スレート屋根材は屋根材と野地板にほとんど空気の層がない。

スレート屋根材は屋根材と野地板にほとんど空気の層がない。

スレート屋根材は野地板に乗せるのでほとんど隙間(空気の層)ができない。

この隙間(空気の層)に断熱効果があって屋根材から野地板に伝わる温度が変わってきます。さらに瓦の場合は瓦の重なりに隙間があることで瓦と野地板の間の空気層の湿った熱気が外へ排出されることで空気層に対流ができて野地板に熱が伝わりにくくなっているのです。

瓦屋根はクーラーの設定温度を高めにできる

天井裏の温度で約5度の違いがあるからといって屋根に瓦を使うと夏場にクーラーを使わなくていいほどの室温にはならないですが、確実にクーラーの設定室温は瓦屋根の方が高めに設定できるはずです。

全く同じ気象条件下で瓦の屋根の部屋とスレート屋根材の部屋に入って比べることはできないと思いますが、頭上が天井裏になっている2階の部屋や平屋の部屋の場合は違いが実感できるほど室温が変わります。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。