プロだからちゃんとわかりやすく伝えないとダメなんじゃない

お客さんが他の会社で屋根修理工事、屋根葺き替え工事の見積もりをしてもらって、うちの会社にも同じ工事の見積もりを頼まれるってことがよくあるんです。
いわゆる相見積もりってやつです。

たまに相見積もりお断りって会社もあるみたいですけど、なんで相見積もりを断るのかよくわからないですけどね。
相見積もりは絶対に他の会社よりも安くしないといけないわけでもないし、全く同じ工事を提案しないといけないわけでもない。
他の会社の提案はこうだけど、うちの会社はこういう提案ですよって、ちゃんと説明して伝えると他の会社よりも高くても仕事を依頼してもらえることもあるしね。

いかにも工事を安くしてほしい、内容はどうでもいいからとにかく安い方がいいってのが見え見えのお客さんの場合はこっちもいい気がしないから断ることもあるけど。
そういうお客さんに限って後からクレームになることが多いしね。

工事の内容が伝わっていない

相見積もりを依頼されて屋根を見に行くと、他の会社はこんな工事なんですけどって工事の内容をお客さんが説明してくれるんだけど、ほとんどの場合、他の会社はお客さんにちゃんと工事の内容を伝えてないんですよね。

お客さんから「業者さんに工事の内容を説明してもらったんだけど、よくわからない」って言葉をよく聞きます。

例えば雨漏りの修理工事でも、どこからどんな原因で雨が入って雨漏りしているから、どこをどうやって修理しますってことを全然伝えてない。
説明していたとしてもわかりにくい専門用語で、専門的な説明しかしてないのは伝えてないのと同じことですよね。

見積書を見せてもらっても「雨漏り修理工事一式」しか書いてなかったり、専門用語を並べて書いてあるから一般の人にはどこをどうするのかよくわからない。

わかりやすく伝えないと

屋根の点検、調査、工事は当たり前だけど、屋根の上でするからお客さんはほとんどの場合直接見ることができない。
直接見ることができないからこそ、点検、調査、修理の内容をわかりやすくちゃんと説明しないと伝わらない。

お金もらって工事するんだから、どんな工事をするのかちゃんと伝えるのは当たり前で、専門用語でわかりにくい説明するのは違うよね。

昔と違って今はスマホで撮った写真をすぐにお客さんに見てもらえるんだから、言葉だけで説明するよりはわかりやすく説明できるんだから、屋根の上のわかりにくい工事もわかりやすく伝えることができるようになったんだから、専門家だからプロだからこそわかりやすく伝えないとダメですよね。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。