なんでスレート屋根材は10〜15年ごとに塗装が必要なのか

こんにちは、今日は涼しくてすごしやすい気候だった兵庫県加古川市から瓦ない瓦の価値を伝えるブログを書いてる岡公司です。

昨日書いた「屋根工事のプロの意見を聞かせて」と言われたんでというブログに

「10〜15年ごとに屋根の色を変えたい?」
それならスレート屋根材を選んで再塗装のたびに色を変えて楽しんで。
その度に仮設の足場を建ててなかなかの費用がかかるけどね。

という内容を書いたんですけど、
「何で10〜15年ごとに屋根の色を変えるの?」
「スレート屋根材は色を変えることができるの?」

というボクにしてみたら根本的な質問をされたんでちょっと詳しく説明しますね。
業界では当たり前でも一般的には当たり前じゃないことがたくさんあるんですね。

塗装が剥がれて基材の色が出てます。

塗装が剥がれて基材の色が出てます。

スレート屋根材は色が褪せるんです。

10〜15年はさすがにちょっと言い過ぎたかなって思ったりもしてるんですが、一昔前のスレート屋根材は実際に10年ぐらいで色褪せしてたんで決して大袈裟でもないんです。
今の塗装材料の進化、塗装技術の進化でもスレート屋根材は20年以上経過すると色褪せしてきます。

スレート屋根材とは、セメントと繊維を混ぜたものを5〜6mmの厚さに成形して作る屋根材でものによっても違いますが何層かの塗装をしています。だいたい2層から3層。
その塗装が経年劣化で徐々に色褪せてきて全体的に色が薄くなってきます。

瓦は無塗装か陶器と同じく釉薬で色を出すのでほぼ色褪せすることはないんです。

スレート屋根材の色が褪せると見た目以上の問題があります。

スレート屋根材が色褪せしてくると見た目が悪くなります。
全体的に薄くなってきて最終的には元の色が何色だったのかわからなくなるぐらいまで色褪せしてくるんです。
色褪せするだけだったら見た目を我慢すればいいんですが、色褪せすることで徐々に塗装が剥がれてしまい屋根材本来の耐久性まで奪われていってしまうんです。簡単にいってしまえばスレート屋根材は厚さが5〜6mmしかないのセメントの板です。塗装が剥げてしまえば耐久性が低くなって当然です。

スレート屋根材は見た目以上に耐久性を保つために塗装する必要があります。

スレート屋根材が色褪せ、塗装が剥げてしまって耐久性が低下すると風雨、暑さ寒さから家を守るといった屋根材本来の機能が損なわれてしまいます。それを防ぐために色褪せしてくると塗装をする必要があるんです。

単純に塗装をするといってもさすがに素人には無理です。なんといっても屋根の上ですから危険ですし、綺麗に効果的に塗装をするためにはスレート屋根材を洗浄してホコリを取り、古くなった塗料も取りさらなければなりません。確実にプロの仕事です。塗装屋さんにお願いしましょう。
塗装屋さんならどこでもいいというわけではないんですが、そのあたりの問題点は明日書きましょう。

屋根塗装は大変な作業です。

屋根塗装は大変な作業です。

30年以上住むなら最低でも2回塗装することをお勧めします。

スレート屋根材の家に30年以上住むのなら最低でも2回以上は塗装することをお勧めします。なぜなら仮に新築から15年経過してスレート屋根材を塗装したとします。しかしその塗装の次は10年後には塗装をしなくてはなりません。再塗装は工場で新製品に塗装しているようにはいかないんで再塗装の方が早く痛むのは当然ですよね。

この塗装のサイクルをやり続ければいいというわけでもなく、30年間に2回塗装がスレート屋根材の耐久性の限度だと思います。それ以上住むとなると塗装してもスレート屋根材自体の耐久性がなくなるので屋根の葺き替えを検討しないといけません。

最後に1回の屋根塗装にかかる金額の相場は塗料の種類にもよりますが、30坪の家で仮設足場代を含めて50〜80万円と言われています。
30年間で2回塗装をするなら100〜160万円です。
新築時に瓦とスレート屋根材の施工金額にそれほどの差がありますか?


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 生まれ故郷、国産みの島淡路島の土から生まれる瓦の独自の価値をもっと伝えたくて瓦の価値を伝えることをメインにブログを書いてます。 自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 エクスマ75期 ニックネームは小池さんです。