限られたチャンスをモノにできるか?

ゴルフツアーの試合には数試合ゴルフ用具メーカーが主催の大会がある。
今年の女子ツアーでは、「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」「ヤマハレディースオープン葛城」「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」などがあって、それぞれのゴルフ用具メーカーと契約を結んでいるプロはシード権がなくても主催者推薦で試合に出ることができたりもする。

シード権を持たないプロにとっては、主催者推薦やQTランキング順位で出ることのできる試合は数少ないチャンスを生かす絶好の機会であり、主催者推薦は推薦してもらったことに感謝し、期待に応えようという気持ちも大きい。

ヤマハレディースオープン葛城

女子ツアー第5戦「ヤマハレディースオープン葛城」はその名の通りヤマハが主催する大会で、ヤマハと契約しているプロが11名出場している。

 

「ヤマハレディースオープン葛城」の舞台となる葛城ゴルフ倶楽部山名コースは、難コースとして有名で季節的にまだ芝が生えそろわないこの春先は1年の中でも難しい季節。さらにめまぐるしく変わる風向きもあって我慢を強いられるコース。

今年の大会は初日、2日目の予選を終えてアンダーの選手はわずかに8人で1位タイが2アンダー、予選カットスコアは7オーバー。
ヤマハの契約プロの中では、ユン チェヨン選手が1オーバーの11位タイ、今年からヤマハ契約プロになった永井花奈選手が2オーバーの17位タイ、有村知恵選手が3オーバーの23位タイと、まだまだ十分に優勝を狙える位置につけて予選を通過している。

耐えて初優勝なるか

予選2日間を終えて2日間ともアンダーでラウンドしたのは首位タイの金澤志奈選手だけ。QTランキング52位の金澤志奈選手にとっては限られた出場機会の中で好成績を残しリランキング上位になって後半戦の出場を確保したい立場。オフには元世界女王の申ジエ選手の合宿に参加してゴルフのレベルアップをはかった。

首位タイで予選通過した金澤志奈選手 ヤマハレディーズオープン葛城HPより引用

首位タイで予選通過した金澤志奈選手 ヤマハレディーズオープン葛城HPより引用

「きょうはツラかった。耐えて、耐えて、この結果です。ひとつでもスコアを伸ばしたいと思った。最後のホール、バーディーがとれて良かったです。本当に、本当にうれしかった」とアプローチとパットでスコアを拾っていった金澤志奈選手。優勝すればリランキング順位はもちろんのこと、来年のシード権も取れる。

残り2日間も耐えて海外女子メジャー「ANAインスペレーション」に出場中の申ジエ選手に優勝の報告ができるか?


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です