覚悟を決めた2017年を乗り越えて女子プロゴルフ界を牽引する上田桃子選手。

寒の戻りの寒さが続いた3日間の大阪府茨木市での国内女子プロゴルフツアー第3戦「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」を制したのは、昨日の勝利で国内ツアー通算13勝、現在の国内女子ツアーの牽引者上田桃子選手。

2日目が終わって首位の申・ジエ選手と1打差の2位タイ。十分に逆転優勝を狙える好位置につけるも2日目夜遅くからの原因不明の右中指の痛みに最終日の朝は化粧をすることもできなかったと言う。プレー前の練習もほとんどできない状態で、棄権することも考えたがなんとかゴルフはできるだろうと試合に出場。右手を使うことができないことで却って下半身リードのスイングを心がけることに集中できたことが功を奏した。焦ることなく我慢し続けた無欲の勝利だったのではないか。

万博の太陽の塔をバックに拳を握る上田桃子選手。

万博の太陽の塔をバックに拳を握る上田桃子選手。

勝てなかった試合

2007年に5勝をあげ21歳で史上最年少賞金女王になった彼女も今年の6月で33歳。
常に第一線で活躍を続けている上田桃子選手だが賞金女王になった翌年2008年から米ツアーに参戦するも思うような成績を上げることができず2014年から国内ツアーを主戦場に戻し年間2勝するものの2015年、2016年はシード権を確保するが未勝利に終わる。

上田桃子選手で忘れられない試合が、2017年の「KKT杯バンテリンレディス」
前年の2016年も4月15日から3日間熊本県の熊本空港CCで開催される予定だった同大会は前日の4月14日出場選手がホテルなどに滞在中に熊本地震が発生し大会は中止となる。地元熊本出身の上田桃子選手もSNSなどで近況報告、支援の呼びかけを発信するなどし地元復興へ向けて女子プロゴルファーも動いていた。

それから1年後の2017年4月14日から3日間まだまだ復興途中の熊本で「KKT杯バンテリンレディス」は開催された。
地元熊本の復興へ、熊本出身の自分が優勝することで地元に元気を与えたい。地元の熱い声援に答えたい。そう強く思う気持ちで挑んだ大会。初日69、2日目70とスコアを伸ばし2位に1打差の首位で迎えた最終日、ボギーが先行するもすかさずバーディーでバウンスバックし、スコアを落とさずに2位に2打差をつけて最終18番ホール。パーオンし7mのバーディーパットを残すが、ここからまさかの3パットでボギーとし土壇場で並ばれてプレーオフで優勝を逃してしまう。

最終日の18番ホール。どうしても勝ちたかった試合の優勝に手が届きかけていた。誰もが上田桃子選手の勝ちを確信していた。

「たくさんの応援をいただいたので申し訳ない。声援を力に変えられなかった。最終ホールのギャラリーエリアにはたくさんの熊本の人がいました。勝って“頑張っていきましょう”と伝えたかった。熊本県民として情けない…」

涙を流しながら、声を振り絞ってインタビューに答えた上田桃子選手の姿が忘れられない。

覚悟を決めていた2017年

2015年、2016年と優勝を逃し、地元熊本ですぐ目の前にあった優勝を逃した1ヶ月後の「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」で3年ぶりのツアー優勝を果たすが、この優勝がなければゴルフを引退すると決めていた上田桃子選手。

「ゴルフは今年勝てなかったら辞める覚悟を決めていました。それだけの覚悟をしなければならないと感じていたし、勝ちにこだわれなくなったら、そこで終わりだと思っていました」と勝ちにこだわる姿勢を貫き通した2017年。

若手の台頭が著しい女子プロゴルフ界。今年2019年にプロ入り14年目を迎える上田桃子選手はすでにベテラン選手になるが、体力でも技術でもメンタルでもまだまだ若手を一歩も二歩もリードする女子プロゴルフ界を牽引していくトッププレーヤーです。

 

55664389_2122225831188395_2435864494035959808_n

 

アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI

今週末は「第7回アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」が宮崎県のUMKカントリークラブで開催されます。
熊本と並んでプロゴルファーの多い宮崎県での大会。宮崎県出身のプロゴルファーといえば大山志保選手。

昨日勝った上田桃子選手が2007年の賞金女王なら大山志保選手は2006年の賞金女王。
度重なる怪我と戦いながらも第一線で活躍を続け、2016年に開催されたリオオリンピックでは日本代表選手として出場するなど、すでにレジェンドと言っていいぐらい。
トレードマークにもなっている派手なガッツポーズで地元宮崎のファンを魅了してくれるのか?
今週末は大山志保選手に注目しようと思います。

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です