覚えておきたい2019年ゴルフのルール改正

早いもので今年ももう11月になり残り2ヶ月を切ってしまいましたが、来年2019年の1月1日からゴルフのルールが一部改正されることをご存知でしょうか?
今までもゴルフのルールが改正されることはありましたが、今回のルール改正ではゴルフのルールをよりわかりやすく簡単にし、プレー時間を短縮できるようにするのが目的で、一般のゴルファーは新しく改正されたルールを正しく理解することでプレー時間が短縮され、スコアがよくなるのではないかと話題になっています。

知っておきたいルール改正

いくつかのルール改正がありますが、アマチュアゴルファーが特に知っておきたいルール改正は以下の10個。

ボールの捜索時間が 3 分になります。

これまでは5分だったボールの捜索時間が短縮されて3分になります。
自分の打ったボールを延々と探し続ける人がいますが、実はそもそもボールを探す時間にはルールがあってこれからは3分しか探すことができなくなります。その為に打ったボールが探すのに時間がかかりそうな場所に行った時は一応暫定球を打ってから探すようにしておきましょう。暫定球を打つときは「暫定球打ちます」と宣言するのをお忘れなく。

151915

 

準備ができた人から打っていいようになります。

これまではティーショットは前のホールのスコアの良かった人、2打目以降はグリーンに遠い、カップに遠い人から打つのがルールでしたが、ルール改正後はスコアの良し悪し、グリーン、カップに遠い近いに関わらず、準備のできた人から打っていいようになります。プレー時間の短縮に大きく影響しそうですね。

4a05f5f7c8f0977e22f9e4d6028a9f98efa2a48b_xlarge

 

 

バンカーの規制緩和

バンカー内のボールは2打罰でバンカー外へ出して(カップと球を結んだ線上後方へ)プレーすることができます。バンカーが苦手でバンカーから出すのに何打もかかってしまう人は、このルールを使ってバンカーから脱出しましょう。プレー時間の短縮にも繋がりますしね。ただずっとこのルールに頼っているといつまでたってもバンカーショットが上手くならないけどね。
またバンカー内の小石や枯れ葉を取り除いていいようになりました。

52979890390e6c3ebe9784c233ca3973de297e45_xlarge

 

 

ドロップの方法

これまではドロップは肩の高さからドロップするルールでしたが、これからは膝の高さからドロップするルールに変更されます。(ただし膝は曲げずに行うこと)膝の高さからならよりドロップしたい場所にドロップできますね。

 

グリーンの修復

これまではパットライン上のピッチマークのみ修復できるルールでしたが、これからはスパイクでできた傷も修復できるようになります。グリーン上のピッチマークやスパイクでできた傷を直さない人が多いですけど、ちゃんとの自分のボールでつけたピッチマークやスパイクでつけた傷は直しましょうね。

IMG_3528

 

 

OBの打ち直し

OBは打った場所からの打ち直しでしたが、ローカルルールでボールがOBゾーンに入った付近から2打罰でプレーすることが可能になります。プレーイング4(前進4打)があるホールが少なくなるかもしれないですね。アベレージゴルファー的にはプレーイング4の方が打ちやすいような気もするけどね。

blogger-image-1356597454

 

 

ピンフラッグを立てたままパッティングができるようになります。

今回のルール改正の目玉とも言うべきルール改正は、ピンフラッグを抜かずにそのままパッティングしてもいいように改正されます。これならピンフラッグを目標にしてパッティングできるし、球をピンフラッグに当ててカップインさせることもできる。ピンフラッグを抜く手間も省けてプレー時間の短縮にもなる。
ただ抜いてもいいので、自分は抜いてパッティングがしたいって人が同じ組みにいる場合は、抜いたり刺したりがめんどくさいし、余計に時間がかかるかも。ラウンド前に今日は抜きます? 刺したままにします?って統一してる方がいいかもですね。

IMG_2640

 

 

故意ではない場合に限り静止しているボールが動いても無罰

うっかり蹴ってしまった。アドレス時に動いてしまった。など無罰で元の位置に戻せるようになります。ただし故意で動かしてはダメですよ。

 

救済を受ける時にマーカーに確認してもらう必要が無くなります。

普通のゴルフにはあまり関係ないかもですが、競技ゴルフでは救済を受ける時にはマーカーさんにボールの位置、状況を確認してもらってから救済を受ける必要がありましたが、これからは自分の判断に委ねられます。あくまでもプレーヤーは誠実な人でルール違反をしないと言うモラルに乗っ取ったルール改正です。

 

救済を受けてリプレースするボールを取り替えてもOK

カート道や排水溝などから救済を受ける場合にボールを取り替えることが可能になります。カート道や看板、杭などに当たって傷がついたボールを取り替えることができるのは嬉しいですね。

 

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です