畑岡奈沙プロがアメリカツアー初優勝。次は金メダルとメジャータイトルを期待してしまう。

盛り上がってますねサッカーワールドカップ!
何を隠そうボクはサッカー経験者で、中学、高校、社会人とサッカーを30年間してました。今はさすがに走れないからやってないですけどね。特に中学高校時代は毎朝の朝練から放課後の練習をみっちりとやり、まさに青春をサッカーにかけてました。そんなボクのワールドカップと言えばやっぱり1986年のメキシコ大会。
あのマラドーナの準々決勝のイングランド戦での神の手ゴールと、5人抜きのゴールに世界中が湧いたあの大会。決勝戦はマラドーナ率いるアルゼンチンがマテウス、フェラーを要する西ドイツに勝って優勝したあの大会。中学生のサッカー小僧には刺激的でこれが世界最高峰のサッカーなのかとテレビの前で感激していました。

いよいよ明日日本は決勝トーナメント進出をかけた大一番。相手のポーランドはすでに予選リーグ敗退が決まってしまっているからちょっと戦いにくい相手かもしれない。日本は引き分けでもいいとか負けてもいい場合があるとか余計な雑念が入りやすい状況だけど、まずは勝つことに集中して大事な一戦に挑んで欲しいです。

畑岡奈沙プロ

日本中がロシアでのサッカーワールドカップに湧き上がっる最中に、アメリカでは日本女子プロゴルフの黄金世代がやってくれました。畑岡奈沙プロがアメリカの女子プロゴルフツアー「ウォルマートNW アーカンソー選手権」で大会記録の−21で2位に6打差をつけて見事にアメリカツアー初優勝。
19歳5ヶ月でのアメリカツアー優勝は日本人では最年少記録。

畑岡奈沙プロといえば、アマチュアで日本女子オープンゴルフ選手権競技に優勝しメジャータイトルを獲得し、宮里藍さんの記録を抜く史上最年少(17歳271日)でプロ入りし、昨年はプロ入り1年目でまたも日本女子オープンゴルフ選手権競技に優勝しメジャータイトル連覇する実力者です。

アメリカツアーで優勝したこともすごいことだけど、畑岡奈沙プロはメジャータイトルを獲得できるのでは、と期待が高まります。
1977年の樋口久子さん以来2人目の日本人メジャータイトルを獲得できるんじゃないか。
男子は未だに日本人でメジャータイトルを獲得した選手はいないけど。

19歳5ヶ月でアメリカツアー初優勝した畑岡奈沙プロ byゴルフネットワーク

19歳5ヶ月でアメリカツアー初優勝した畑岡奈沙プロ byゴルフネットワーク

畑岡奈沙プロは現在日本の女子プロゴルフ界を盛り上げてる勝みなみ選手、新垣比菜選手、三浦桃香選手、小祝さくら選手、原英莉花選手などと同じ年齢の黄金世代。

 

 

2020年東京オリンピックまであと2年。ゴルフ競技は前回のリオデジャネイロオリンピックでオリンピック競技に復活しました。畑岡奈沙プロはオリンピックの金メダル獲得も目標に掲げていることもあって畑岡奈沙プロをはじめとする黄金世代のオリンピックでの活躍が今から楽しみです。

プロ転向した2016年に2年以内にアメリカツアー優勝、5年以内にメジャー大会優勝、オリンピック金メダルを目標としていると公言した畑岡奈沙プロ。まずは1つの目標をクリア。次はメジャータイトルと金メダル。有言実行してくれそうな畑岡奈沙プロにますます期待が膨らみます。

ちなみに畑岡奈沙プロの名前の奈沙は、アメリカ航空宇宙局NASAが名前の由来で「誰も成し遂げていないことができるように」との願いが込められているそうで、アメリカでもすぐに名前を覚えてもらえるので本人も気に入ってるそうです。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です