梅野隆太郎選手が4月11日に甲子園で阪神タイガースの初盗塁。

昨日、今年の阪神は開幕してから未だに盗塁が0ってブログに書いたんですが。
昨日4月11日の広島東洋カープ戦の8回裏、1アウト1塁、打者代打鳥谷選手の場面。
ヒットで出塁していた糸原選手を送りバントで送れなかった梅野選手がまさかの盗塁。
さすがに意表をつかれまくった広島バッテリー。會澤選手は一瞬フリーズしてたからね。
楽々2塁へ盗塁成功。

開幕から10試合目の4月11日に甲子園球場で梅野選手が今年の阪神タイガースの初盗塁を記録しました。

梅野選手はプロ5年目で通算盗塁数は3。盗塁死も3だから、盗塁企画数は6。
そりゃ広島バッテリーノーマークになるよね。

おそらくは、ベンチからのサインじゃなくて梅野選手の判断で盗塁したんだと思うんですけど、それも3点リードの8回裏という場面だったからで、これが同点とかビハインドの場面だったらどうだったのか。送りバントを失敗した梅野選手が盗塁してたかな。ベンチは梅野選手に盗塁のサインを出すかな。多分出さないでしょうね。

けどそういう場面でこそ積極的に次の塁を狙う勇気あるサインを出して欲しいし、ベンチからのサインがなくても盗塁を仕掛けて欲しい。

勇気ある盗塁を観たい

思い起こせば5年前のWBC(ワールドベースボールクラッシック)2次ラウンド。負ければ予選敗退の台湾戦。
1点を追いかける9回表2死1塁。あとアウト1つで負けが決まる。予選敗退が決まる追い詰められた場面で、鳥谷選手が魅せた勇気ある盗塁。結果的に盗塁に成功した鳥谷選手を井端選手がタイムリーで返して同点に追いつき、延長10回に中田選手の犠牲フライで勝ち越して勝利。

 

この動画今まで何度観たことか。
何度観ても痺れるわー。
何度観てもアウトになるんじゃないってドキドキするわー。

ここまでの勇気ある盗塁は期待しないけど、トーナメントじゃないリーグ戦で143試合あるシーズンで負けたら終わりって場面はそうそうないし、盗塁死して、その結果その試合に負けてもいいんじゃない。
それよりもどうせ今年も阪神は走らないんだろって思ってる相手バッテリーに、あれっ?走ってくるの?って警戒させるだけでも十分に盗塁を企画する価値はありますよね。

アウトになってもいいから勇気ある執念の盗塁を観たいです。

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です