松山選手の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」棄権は残念だけど

ボクは日本のプロゴルフよりもどちらかといえば、PGAツアー(主にアメリカで開催されてる男子プロゴルフツアー)が好きなんですが、そんな中でも特に好きなツアーが「The Greatest Show on Grass(芝の上の最大のショー)」と称される「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」は、ゴルフの四大メジャー大会(マスターズ、全米プロ、全米オープン、全英オープン)ではないんですが、それでも観客動員数はメジャー大会よりも多いんです。昨年は大会期間中の観客動員数が65万5434人というとんでもない大会。

詳しくは先日のブログをご覧になってください。

 

今年も始まりました「The Greatest Show on Grass(芝の上の最大のショー)」

松山英樹選手の3連覇に期待してたけど

しかも昨年2017年、一昨年2016年と松山英樹選手が優勝していて、今年も優勝して3連覇するかもと期待にドキがムネムネだったんですが、残念なことにケガで2日目のスタート前に棄権の決断。

「一生ゴルフが出来なのではという怖さ」があるほどの痛みらしいので相当の痛みなんでしょう。
棄権は残念で仕方ないけど、これからの松山選手のゴルフ人生を考えるならここで無理をしなくてもこれから何度でも優勝するでしょうし、いずれはメジャータイトルをと期待しているから棄権したことを批判する人は一人もいないでしょう。

GO Rickie

松山選手が棄権したことで今年の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」への興味がなくなったのかといえば、そんなことはなくて、3日目を終了してー14で首位にいるのは、ご存知この人リッキー・ファウラー!

リッキー・ファウラーは、アメリカのみならず全世界で人気のゴルフプレーヤーで毎回おしゃれなゴルフファッションが目を引きますが、もちろんトッププロとしての活躍もすごい。2007年から2008年は通算36週世界アマチュアゴルフランキング1位を保持し、2009年にプロ転校、2010年にはPGAルーキーオブザイヤーを獲得し、PGAツアー通算4勝。

一昨年の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」では松山選手とプレーオフを争いました。

 

2018020412231117452

 

もちろん日本でも人気があるリッキー・ファウラーですが、その理由の一つはリッキー・ファウラーのルーツが日本にあるってことも関係があって、リッキー・ファウラーのミドルネームはユタカ。
母方のおじいちゃんが日系2世のタナカユタカさんでリッキーの左腕の内側にもおじいちゃんの名前が刻まれています。

そんなリッキー・ファウラーは最終日には必ず出身大学であるオクラホマ州立大学のスクールカラーのオレンジ色のウェアを身に付けることでも有名で、明日の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」最終日もオレンジ色を身に付け最終組で優勝を目指すリッキー・ファウラーから目が離せません!

「Rickie Go Time」


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です