天井にできたシミ。ひょっとしたら雨漏りじゃないかもしれません。

今年になって何度か春の嵐のような天候で台風のように強い雨が強風を伴って降りましたが、そんな天候の時には屋根からの雨漏りが心配になったりしますよね。雨漏りをしているか確認するには天井を見上げてシミができていないか確認するのが正解で、強い雨が強風を伴って降っている時にシミが出てきているなら確実に雨漏りですが、そうではなくていつの間にかできているようなシミはひょっとしたら雨漏りのシミではないかもしれません。

雨漏りしているような天井のシミは

天井にシミができていたら「雨漏りしてるのでは?」と思ってしまいますよね。
確かに天井にシミができる原因で一番最初に疑うのは雨漏りです。
ですが雨漏りでできたように見える天井のシミもひょっとすると雨漏りでできたシミじゃないこともあるんです。

雨漏りのようなシミのできた天井

雨漏りのようなシミのできた天井

上の写真は家の2階にある和室の天井にできたシミです。見た感じ雨漏りしているように思いますよね。
普段使っていない部屋で、いつの間にか雨漏りしていると思われたお客さんから相談を受け雨漏りの点検調査に伺わせていただいたんですが、天井のシミのでき方を見てすぐに雨漏りではないなと判断しました。
もちろん念のために屋根の上に上がって瓦を点検し、天井裏にも入って点検しましたがどちらにも雨漏りしている形跡はありませんでした。

ではこの雨漏りでできたように見えるこの天井のシミの原因は何か。
実はこれは天井に使われている「ラミネート天井」と言う天井用の建材に使われている接着剤が原因でできたシミなんです。

ラミネート天井は、化粧合板の一種で薄い合板に木目調などのプリントを貼り付けている天井板のことで、コストが安くできることで無垢の木材の天井板の代用品として多く使われてる天井用の建材です。

このラミネート天井の合板にプリントを貼り付ける際に使っている接着剤成分が長い時間が経つとプリント面に浮かび上がってきて、雨漏りでできたようなシミになってしまうことがあるんです。

 

ラミネート天井のシミ

ラミネート天井のシミ

またラミネート天井でも接着剤が原因のシミ以外にも同じようなシミができることがありますが、それは天井を天井裏で固定している木材の灰汁や天井裏の湿気を吸った木材が原因となっていることもあります。その場合はラミネート天井だけでなく、天井板や天井クロスの場合でも同じようなシミができることがあります。

天井のシミの判断の仕方

雨漏りでできる天井のシミは、ラミネート天井にできたシミのように線状にはなりにくく、雨漏りしている場所を中心にしてシミが薄く周りに広がることが多いです。また雨漏りで天井にシミができる場合は天井裏に雨が落ちる時に反響したような雨音がするのが特徴で天井を見上げながら耳を済ましていれば大体の場合は天井裏に漏れている雨音が聞こえます。

雨漏りでできた天井のシミ

雨漏りでできた天井のシミ

雨漏りなのか雨漏りじゃないのかを判断する一番いい方法は天井裏に入って確認することで、上の写真のようなシミが天井にできている場合は確実に天井裏にもシミができています。

 

まとめ

天井にシミができていると雨漏りしているかもと心配になりますよね。
今回紹介したラミネート天井の場合のような雨漏りが原因ではないシミでも雨漏りだと思われるのは当然です。また実際にラミネート天井のシミで接着剤が原因かと思っても屋根の上や天井裏を確認すると雨漏りだった場合もありますので、心配になった場合はとりあえず雨漏りの点検調査をしてもらうことをオススメします。
雨漏りの点検調査は屋根の上だけでなく、できれば天井裏も確認してもらってくださいね。

 

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です