今年も始まりました「The Greatest Show on Grass(芝の上の最大のショー)」

んにちは、3回連続で雪の中でラウンドしてカラーボールの必要性に初めて気がついたゴルフ好きな屋根屋オカです。
PGAツアー観てますか?
PGAツアーって主にアメリカで開催されてる男子プロゴルフツアーのことで間違いなく世界一レベルの高いゴルフツアーで、ボクが日頃やってるゴルフとは大人と子供、いやAI(人工知能)と一桁の足し算ぐらいの差があるゴルフが繰り広げられてるゴルフツアーなんです。

ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン

そんなPGAツアーで今年も「The Greatest Show on Grass(芝の上の最大のショー)」と呼ばれる観客動員世界一を誇るツアーが2月2日(日本時間)から始まりました!
昨年の同大会の観客動員数はなんと、65万5434人
一昨年の観客動員数は、61万8365人
いくらゴルフが4日間で争われるとはいってもとんでもない人数が観戦する大会なんです。

2017年は65万5434人!

2017年は65万5434人!

ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープンの魅力は観客動員数もそうなんだけど、「The Greatest Show on Grass(芝の上の最大のショー)」と呼ばれるだけあって、何よりもその盛り上がりっぷりがハンパなくて、それを象徴しているのがTPCスコッツデールの16番Par3。このホールにはよほどゴルフ場とは思えないほどの2万人を収容することができるスタジアムが建てられ熱狂的な声援、ヤジがプレーヤーに送られます。

TPCスコッツデール16番Par3

TPCスコッツデール16番Par3

この16番Par3は別名「Loudest Hole in Golf(ゴルフで最もうるさいホール)」と称され、観客はビール片手に大騒ぎ。ゴルフといえば紳士のスポーツでプレーヤーがアドレスに入ると静かに見守るのがマナーとされているけど、このホールだけは別。

PGAツアーのパー3の中では比較的距離の短いパー3で、コースセッティングにもよりますが、だいたい160ヤードぐらいに設定され、観客は思い思いのコスチュームを身につけ、アルコールを飲んで騒いだり、グッドショットには大歓声、バッドショットには大ブーイング、時には物が投げ込まれることもあったり、逆にプレーヤーが観客を煽ることもあったりする。時にはキャディー同士がグリーンまで競争したりと、もうなんでもありのパー3。

プレーヤーと観客が一体になって大騒ぎ!

プレーヤーと観客が一体になって大騒ぎ!

日本のプロゴルフツアーじゃ絶対にありえない光景が繰り広げられます。

 

 

松山英樹選手の大会3連覇に期待

この世界一盛り上がる大会「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」の2017年、2016年の優勝者は、そう日本が世界に誇るゴルファー松山英樹選手! なんと去年も一昨年もプレーオフを制して大会連覇!!
今年も優勝すれば大会3連覇!!

 

158058

 

過去に大会3連覇を果たしたのは、PGAツアー通算62勝してる日本では傘のマークのブランドで有名なアーノルド・パーマーさんただ1人。

今朝早く初日のラウンドが終了して、松山選手はー2で首位と5打差の29位タイ。
2日目、3日目に調子を上げてくることが多い松山選手なので今年の大会も期待大です!!

 


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です