やっぱり忘れることのできない3月11日

3月11日

この日が来るとやっぱり仙台のことを思い出します。
7年前の3月11日は、いつものように仕事中で会社から現場へ向かう車の中でした。
弟と2人で現場へ向かっている車の中でラジオを聞いていて、15時に終わる番組の最後に「大きな地震があったようです」と放送されていて特に揺れを感じることはなかったものの気になってしばらくしてから携帯電話でテレビを見てみると、津波が仙台空港に押し寄せているただ事ではない映像が流れていました。

ただこの時は東北で大きな地震が来て、津波が発生している。
という認識だけで、特に自分に影響があるとは考えていませんでした。

復旧工事

3月11日の東日本大震災発生からしばらくして、関東、東北の屋根屋さんから応援に来れませんか?と問い合わせが入るようになり、少しでも力になれるのならと、3月末ごろにうちの会社の職人さんに茨城県に屋根復旧工事の応援に行ってもらいました。

4月末になって仙台市の知り合いから「東日本大震災で屋根に被害を受けたお客さんの屋根の葺き替え工事をしてくれませんか」と相談を受けて、「とりあえず現地を見て欲しいからと」打ち合わせの為に急遽仙台市に向かうことになり、震災の津波で大きな被害を受けた仮設の仙台空港からバスで仙台市泉区へ向かうバスの中から見た景色は、津波の恐ろしさ、驚異、被害のすさまじさはいつまでも忘れることのない景色です。

7年前の3月11日には、まさか自分が約1年の間宮城県仙台市内を震災で被害を受けた屋根の修理に奔走し、来る日も来る日も屋根の修理に走り回っているとは思ってもいませんでした。

約1年の間主に仙台市で屋根の復旧工事をしていた間に出会ったお客さんや一緒に仕事をした仲間との思い出は、不謹慎かもしれないけど楽しい思い出なんです。確かに地震での被害はテレビなどで伝えられていたものよりも切実で辛いものでしたが、あの1年間ほど人と真剣に向き合ったことはなかったし、これからもないような気がします。

ボクが出会ったお客さんは、地震の被害を受けているのに皆さん笑顔で接してくれて、みなさん温かく親切で優しい人ばかりでした。
誰一人として震災を恨んだりせず、みなさん前向きで心の優しい人ばかりでした。

「うちの家は後でいいから被害の大きい人の家を先に修理してあげて」と自分よりも他人を気遣う人ばかりで、こちらが兵庫県から仙台市へ来てるとわかると、逆に神戸の震災のことを気遣ってくれたり、晩御飯の心配をしてくれてタッパにおかずを入れて持って帰らせてくれたり、食事に、飲みに連れて行ってくれたりと、仙台を離れる時にはおみあげを持たせてくれたり、本当に申し訳ないぐらい気遣っていただいたことを思い出します。

そして、誰一人として瓦のことを悪く言う人はいなかった。
それどころか今の地震に強い瓦の性能、地震に強い工法へ進化していることを喜んでくれ、「それだったら瓦も安心ですね。」「やっぱり瓦がいい」とみなさん言ってくたことを思い出します。

 

感謝することを思い出す日

仙台市での一年間の経験で、人の優しさに触れることで、感謝される、必要とされる仕事をしていることに誇りを持てるようになりました。
誰かのためになる仕事をしていることに気づかせてくれました。
あの当時出会った人みなさんに改めて感謝します。

ちょっとおかしいかもしれないけど、ボクにとっての3月11日は、感謝することを思い出す日なんです。


The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 ゴルフ好きな屋根屋の岡 公司です。 屋根工事という仕事を通じて屋根に関すること、瓦の独自の価値をもっと伝えたいという思いでブログを書いてます。 仕事と同じくらい、いや仕事よりも好きだったりするゴルフのことも発信してたりもして、とにかく自分の好きな事、楽しい事をFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です