屋根の形状が変わる増築は雨漏りの原因になることがあります。


屋根からの雨漏りには屋根材の劣化、板金の劣化、施工不良など様々な原因があります。
今までに多く雨漏りの点検、調査、修理工事を経験してきて、雨漏りの原因として多いのが家屋を増築した際の仕舞いの不具合からの雨漏りです。

増築したことで既存の屋根が延長される。途中で切られる。など屋根の形状が変わることで屋根の上を流れる雨の流れが変わってしまうことで雨漏りをすることがあります。そのことを十分に理解し雨漏りしないように増築の仕舞いをすることが重要です。

増築時は屋根の雨仕舞いに注意家の増築といえば、部屋が手狭に感じたり、不便に感じたりで部屋を増やしたりすることが多いかと思いますが、その際はどうしても部屋の間取りや生活動線を優先しますよね。そうする...

 

増築が原因の雨漏り例

今回ブログで紹介させていただく雨漏りの例は、家の南面を2階、1階共に増築した家屋での例です。
下の図の左が増築前、右の赤部分が増築した箇所で、1階の増築した屋根の壁際から雨漏りをしていました。

 

181024

 

2階、1階共に元の屋根の軒先部分を増築で継ぎ足し、屋根が伸びた形になっていて1階の継ぎ足した屋根の壁際部分の仕舞いが適切に施行されていなかったことでの雨漏りです。

増築前の屋根に使われていた袖瓦を外さずにそのまま増築した壁際に使用し、壁の中に袖瓦が入り込んでしまっていたことで雨が袖瓦を伝って雨漏りしてしまっていました。

1810222

180223

 

壁際からの雨漏りは台風などの強風を伴う吹きぶった雨の時によく起こる雨漏りで、実際に今回のケースでも下葺き材(ルーフィング)が壁際に立ち上がってなかったこと、壁際に捨て水切り板金が施行されていなかったことも雨漏りの原因ですが、増築の際に袖瓦を外し、きちんと瓦をカットして施行していれば雨漏りすることは無かったかもしれません。

壁際雨漏り修理工事

増築の際にそのままで使われ壁の中に入り込んでいた袖瓦を外し、施行されていなかった下葺き材(ルーフィング)、捨て水切り板金を施行し、瓦を元どおりに施行して雨漏り修理工事を完了しました。

壁際に下葺き材(ルーフィング)施行。

壁際に下葺き材(ルーフィング)施行。

捨て水切り板金を施行。

捨て水切り板金を施行。

壁際の雨漏りの修理工事はこちらのブログも参考にしてください。

今日の夜に四国、関西地方に接近し上陸しそうな台風20号。 台風の進路、風向きによっては大きな被害がでるかもしれないので細心の注意が必要です。雨漏りの被害も相当出るのではないかと危惧しています。普段の...

 

増築の際にはちょっとした仕舞いの不具合で雨漏りしてしまうこともあります。特に屋根の形状の変化が伴う増築は雨仕舞いに十分に気をつけておかないと増築が原因で雨漏りの危険性が増えることがあります。

 

増築時は屋根の雨仕舞いに注意家の増築といえば、部屋が手狭に感じたり、不便に感じたりで部屋を増やしたりすることが多いかと思いますが、その際はどうしても部屋の間取りや生活動線を優先しますよね。そうする...

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です