屋根工事専門店が教える地震や台風で瓦が崩れないようにする為のコーキング方法。


今年は6月の大阪北部地震の揺れで崩れた瓦の、8月の台風20号、9月の台風21号、24号の強風で飛ばされた瓦の修理依頼が非常に多くあり、今年はまだ台風が発生し日本に接近する恐れがありますし、世界的な気候の変動で来年以降も大型の台風の発生、接近が懸念されます。

地震の揺れで崩れる瓦、台風の強風で飛ばされる瓦は30年以上前の築年数の古い家屋の屋根に乗せられている瓦で、そのほとんどが古い施工方法(土葺き工法)で乗せられています。防災機能の備わった瓦を最新の施工方法(ガイドライン工法)で乗せられた現在の瓦はしっかりと施工されていれば地震の揺れで崩れたり、台風の強風で飛ばされたりはしません。

古い工法(土葺き工法)で乗せられた瓦を崩れない、飛ばされないようにするには?

古い工法(土葺き工法)で屋根に乗せられている瓦を地震の揺れで崩れたり、台風の強風で飛ばされないようにするにはどうすればいいのか?

一番確実で安心できる方法は古い瓦を屋根から降ろして新しい防災機能の備わった瓦を最新の施工方法で載せる葺き替え工事です。この方法だと屋根にかかる重量も軽くなり、屋根の防災性能が格段に向上します。しかしながら当然それなりの金額がかかります。(葺き替え工事の参考工事金額

築年数が50年以上の古い工法で屋根に乗せられた瓦でそろそろ瓦の耐久性のこと、家屋の耐震性のことも考えないといけないぐらいの屋根の場合は葺き替え工事をお勧めしますが、古い工法で屋根に乗せられた瓦でも築年数が30年程度の場合はまだまだ瓦の耐久性があり、また家屋の耐震性も昭和56年の建築基準法改正以降の場合は屋根が多少重くても地震の揺れに耐えることができるので、葺き替え工事をする必要性がない場合があります。

そのような屋根の場合に瓦が崩れたり、飛ばされたりしないようにする為の比較的簡単の方法として、シリコン剤で瓦同士をくっ付けてしまうという方法があります。(以下コーキングと表記)

瓦をコーキングをする

瓦にコーキングするというとあまり良いイメージを持たれない方もいるかと思います。
実際にこのブログでも散々「瓦にコーキングをすると雨漏りすることがある。」「瓦にコーキングするのは悪徳リフォーム業者が行う工事です。」と書いていますし、本当に瓦にコーキングをしたことが雨漏りの原因になっていた現場を数多く見てきましたし、最近では少なくはなってきましたが、悪徳リフォーム業者はラバーコーキング工法といういかにもな名前で法外な金額を騙し取ることもしています。

 

雨漏りの点検、調査や漆喰の痛みの点検、屋根材の点検などなどで築30年以上経った家の屋根に上ることが多いんですが、そんな時によく見ることがあるのが、雨漏りの修理のためや地震、台風で瓦が落ちない、ズレ...

 

急に屋根から雨漏りがするようになったからいってはっきりとした原因を特定しないまま、なんとなく瓦の隙間から雨が入って雨漏りしているんだろうとコーキングなどで瓦の隙間を埋めてしまう。 このなんとなく、と...

 

しかしながら瓦の知識を持った専門のプロが適切に瓦にコーキングを施すと地震の揺れで瓦が崩れる。台風の強風で瓦が飛ばされる。といったことをある程度は未然に防ぐことも可能なんです。

適切なコーキング方法

瓦にコーキングをして地震で崩れないように、台風で飛ばないようにし、なおかつ雨漏りを誘発しないようにするには少量のコーキングを瓦の適切な場所にする必要があります。

桟瓦にコーキングをする場合は、瓦の雨が流れない山の部分に3〜4cm程度コーキングをつけてヘラでなぞる。

少ないように思われるかもですが、これぐらいで充分です。

少ないように思われるかもですが、これぐらいで充分です。

 

棟瓦にコーキングする場合は、のし瓦とのし瓦の隙間の上部に桟瓦の時と同様に3〜4cmコーキングをつけてヘラでなぞる。

43201644_1883977551679892_2656897985127907328_n

 

これだけでだいぶ地震の揺れや台風の強風にも耐えることができるようになりますが、あくまでも耐震耐風性能の脆弱な古い工法で屋根に乗せられた瓦に対する予防策として考えてください。このようなコーキングをすれば絶対に地震で崩れない、台風で飛ばないということではありませんし、コーキングは劣化すると切れたり、剥がれたりするので永久的に効果がある訳ではありません。また瓦にコーキングをした後に葺き替え工事や修理工事で瓦を外さなければならなくなった時に、瓦を再利用できなくなったり、コーキングを外す為の費用が別途かかってしまうこともあります。

またこの写真でコーキングをしている以外の場所にコーキングをしてしまうと雨漏りをしてしまう可能性がありますのでくれぐれも注意してください。

瓦にコーキングをして雨漏りをしてしまうのは、瓦の上を流れる雨の流れ方を理解せずにコーキングをしてしまうからで、雨漏りをしてしまうコーキングについてはこちらのブログを参考にしてください。

 

「瓦にコーキングをすると雨漏りする」という情報は最近よく耳にすることもあるかと思いますが瓦のどこにどのようにするコーキングが雨漏りの原因になるのでしょうか?なぜ瓦にコーキングをするの?瓦にコーキン...

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です