実は雨漏りは気がつかないことの方が多いんです。


梅雨時期や台風のシーズンなど長雨、暴風雨の時には雨漏りしていないか点検をしておくことが大事なことなんで、今までに一度も雨漏りを経験したことがない方にとっては意外と難しいことだったりします。

雨漏りは気がつきにくい。

梅雨や台風などの時期は普段よりも雨量が多く、そうすると当然屋根の上を流れる雨の量も多くなります。
屋根の上を流れる雨の量が多くなると雨漏りをする可能性が高くなります。

なので梅雨や台風の時期は普段以上に雨漏りに注意しておいた方がいいのですが、「雨漏りしたら普通はすぐに気がつくでしょう」と思われがちですが実は雨漏りは気がつかない場合の方が多いんです。

雨漏りといえば、天井からポタポタ雨が落ちて、それをバケツなどで受けるようなシーンを思い浮かべがちです。確かにそんな雨漏りだとすぐに気がつきます。しかし実はそのようなわかりやすい雨漏りの方が少なくて、屋根からの雨漏りの多くは屋根の形状上どうしても雨漏りを起こしやすい場所が屋根の端や隅にあるために家の中でも端や隅にある部屋でわかりにくい箇所で雨漏りします。

築年数が古い家ほど屋根も経年劣化しているので雨漏りしやすいのですが、築年数が古い家はお子さんが独立して家を出ていたりして2Fの部屋を使っていなかったり、物置がわりにされていることが多く滅多に部屋に入ることがないことから雨漏りに気がつくのが遅れる場合があったり、部屋の端や隅に押入やクローゼットなど普段開けることのない収納スペースがある場合が多いことも雨漏りに気がつくのが遅れる原因になります。

部屋の隅で雨漏りすることが多い。

部屋の隅で雨漏りすることが多い。

なので梅雨時期の長雨時には普段使っていない部屋や押入れ、クローゼットなどの四隅を注意して見ておくことをオススメします。

家の外の雨漏り

また以外かもしれませんが、雨漏りは家の中だけとは限りません。屋根からの入った雨が家の外で雨漏りすることもあります。
屋根は家の外壁よりも多少外へはみ出していますよね。そのはみ出した部分から雨漏りすることがあって、その場合は家の中には出ずに家の外の壁や屋根の裏側(軒天)に雨漏りとして出ることがあるんです。

家の外の雨漏りの一例をご紹介します。
下の写真で谷板金の赤丸の部分に穴が開いてしまってそこから入った雨が原因で雨漏りをしていたんですが、実際に雨漏りとして濡れているのは四角い赤枠の部分でした。赤丸の真下は家の中なんですけど、四角い赤枠は家の外なんです。

無題

 

赤丸の部分から入った雨が谷板金の下に敷いてあるルーフィング(防水紙)の上を伝って下まで流れていき家の中には雨漏りとして出てこずに家の外に雨漏りしてしまっていたんです。

 

無題1

家の中に雨漏りとして出てこないから、家の中の天井や柱が濡れずに済んでいるからいいんじゃないのと思われるかもしれませんが、家の中に雨漏りとして出てこないということは、雨漏りに気がつきにくく、雨漏りの修理が遅れてしまいます。

この雨漏りの例も本来なら谷の板金の修理工事だけで済むのですが、雨漏りに気がつくのが遅れたことで、屋根の木材が腐ってしまい大工さんに来てもらって木材の修理(軒破風、化粧垂木、化粧野地板)をしなければならなくなってしまいました。

家の中で雨漏りしていなくても家の外で雨漏りしている場合がありますから、梅雨時期や台風シーズンなど風が強く、雨量の多い時は雨漏りしてないか家の中も外も念入りに点検しておくことをオススメします。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です