屋根裏を快適にすることが住空間を快適にすることに繋がります。


夏の湿気の多いジメジメした感じ、冬の結露など住空間は気温や湿度の関係で様々な不快なことがあったりします。少しでも住空間を快適にするために建物の断熱や換気などを工夫する方法がありますが、屋根に取り付けることで屋根裏に溜まる夏場の蒸し暑い湿気や冬場の結露の原因にもなる外気との気温差を緩和させる部材があることをご存知でしょうか?

特に今、ZEH(Net Zero Energy Houseネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が注目されていて、住宅の断熱性能を高めることが注目されていますが、屋根裏を換気して湿気を排出することも断熱性能をあげることに繋がります。

ZEHNet Zero Energy House ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
ZEH住宅では住宅の断熱性能、省エネルギー性能を上げ、さらに太陽光発電などを利用して住宅でエネルギーを作り出すことで、空調、照明、給湯、換気のエネルギー消費を年間でプラスマイナスゼロになることを目的としていて、政府のエネルギー基本計画で2020年までにZEHを標準的な新築住宅にすることを目指し、2030年に新築住宅の平均でZEHの実現を目指すとしています。

棟換気

屋根裏の湿気を外へ排出するために一番効率のいい方法は、屋根の一番高い部分に穴を開けることです。
暖かく湿った空気は上へ行くので屋根裏の高い部分に穴が開いているとそこから湿った空気が外へ排出されることになります。
そのために屋根の一番高い棟部に取り付ける棟換気という部材があるんです。
この部材は屋根材ごとに瓦用、スレート屋根材用、金属屋根材用といろんなタイプがあって、特に瓦用の棟換気には、和瓦用、平板瓦用、S瓦用と瓦の形状に合わせた棟換気があります。

棟換気の仕組みはすごくシンプルで、屋根材を施工する時に棟部の野地板を棟換気部材に合わせて開口して、開口部に雨が入らないように水切りを施工し棟換気の部材を取り付けるだけ。
後は普通に棟部の屋根材を施工します。
(棟換気のタイプによっては違うやり方もあります)

 

棟部の野地板を開口して水切り部材を施工

棟部の野地板を開口して水切り部材を施工

屋根の棟部分の野地板を棟換気部材に合わせた大きさで開口して

 

棟換気(平板瓦用)を施工

棟換気(平板瓦用)を施工

空気は通すが雨は通さないように工夫された換気部材を施工して、上から棟瓦をかぶせます。

 

断面図はこんな感じです。

断面図はこんな感じです。

 

瓦の場合は棟換気がなくても瓦と野地板の隙間の空気層の対流を利用して屋根裏に籠った湿った暖かい空気を排出しやすくなっていますが、スレート屋根材や金属屋根材は屋根材と野地板の間に隙間がなく屋根裏の湿った空気を野地板が吸収して結露を起こすことが多いのですが、棟換気を付けることで湿った空気を外へ排出することができます。

うちの会社の得意先の工務店さんやハウスメーカーさんには屋根材が瓦でもスレート屋根材でも金属屋根材でも標準で棟換気が付くこともありますが、オプションになったりすることもあるので相談してみることをおすすめします。

既存の屋根に棟換気だけを後から取り付けることもできるので屋根を長持ちさせたい、家を長持ちさせたいとお考えの方はぜひ検討してみてくださいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です