スレート屋根材は10〜15年ごとに塗り替える必要がある。


スレート屋根材は10〜15年ごとに塗り替える必要がある

屋根業界では当たり前のことなのに、実はあまり一般的には知られていないことなんですがスレート屋根材は10〜15年ごとに塗り替える必要があるんです。
新築で家を建てた後に様々なメンテナンス費用が掛かるのは当然ですが、少しでもメンテナンスに掛かる費用を安くしたいのであれば屋根材の選択を工務店さん、ハウスメーカーさん任せにせずにメンテナンス費用があまり掛からない屋根材にすることをオススメします。

スレート屋根材は色があせるんです。

10〜15年はさすがに言い過ぎかなと思ったりもしますが、一昔前(20年ほど前)のスレート屋根材は実際に10年ぐらいで色あせしていたので決して大袈裟でもないんです。
塗装材料、塗装技術の進化している現在でもスレート屋根材は20年以上経過すると確実に色あせしてきます。

スレート屋根材は色あせてしまいます。

スレート屋根材は色あせてしまいます。

スレート屋根材は、セメントと繊維を混ぜたベースとなる基材を5〜6mmの厚さに成形して作る屋根材で、ものによっても違いますが基材の上から何層かの塗装をしています。だいたい2層から3層程度です。
その塗装が太陽の光や風雨の影響で劣化することで徐々に色あせてきて全体的に色が薄くなってきます。

スレート屋根材の色があせると。

スレート屋根材が色あせしてくると当然見た目が悪くなりますよね。
全体的に薄くなってきて最終的には元の色が何色だったのかわからなくなるぐらいまで色あせしてきます。
色あせするだけだったら見た目を我慢すればいいんですが、塗装の膜で基材の劣化を防いでいるスレート屋根材が色あせすることで徐々に塗装が剥がれていき、屋根材本来の耐久性まで奪われていってしまうんです。
スレート屋根材は厚さが5〜6mmしかないセメントの板です。塗装が剥げてしまえば耐久性が低くなって当然なんです。

 

スレート屋根材は耐久性を保つために塗装する必要があります。

スレート屋根材が色あせ、塗装が剥げてしまって耐久性が低下すると風雨、暑さ寒さから家を守るといった屋根材本来の機能が損なわれてしまいます。スレート屋根材の基材を守って耐久性を保つために塗装をする必要があるんです。

しかし塗装をするといってもさすがに素人には無理です。なんといっても屋根の上での作業ですから危険ですし、綺麗に効果的な塗装をするためにはスレート屋根材を洗浄してホコリを取り、古くなった塗料も取りさらなければなりませんから確実にプロの仕事です。塗装屋さんにお願いしましょう。

 

屋根の塗装はプロに任せましょう。

屋根の塗装はプロに任せましょう。

 

30年住むなら2回塗装する。

スレート屋根材の家に30年住むのならその間に最低でも2回は塗装することをオススメします。
その理由は仮に新築から15年経過してスレート屋根材を塗装したとすると、10年後には2度目の塗装をしなくてはなりません。再塗装は工場で新製品に塗装しているようにはいかないんので再塗装の方が早く痛むのは当然ですよね。

この塗装のサイクルをずっとやり続ければいいというわけでもなく、30年間に2回塗装がスレート屋根材の耐久性の限度だと思います。それ以上住むとなると塗装してもスレート屋根材自体の耐久性がなくなるので屋根の葺き替えを検討しないといけません。

1回の屋根塗装にかかる費用の相場は塗料の種類にもよりますが、30坪の家で仮設足場代を含めて50〜80万円と言われています。30年間で2回塗装をするなら100〜160万円です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です