コーキングで屋根からの雨漏りを止めることができるのか?


急に屋根から雨漏りがするようになったからいってはっきりとした原因を特定しないまま、なんとなく瓦の隙間から雨が入って雨漏りしているんだろうとコーキングなどで瓦の隙間を埋めてしまう。
このなんとなく、とりあえずコーキングでごまかすとう修理方法は、熱や咳が出ていて風邪っぽいからとりあえず風邪薬でも飲んで様子を見ようかという考えに似ていて。実は重篤な病気かもしれないけど病院に行かずに様子を見るみたいな感じじゃないかなと思います。

コーキングで雨漏りは止まるのか?

雨漏りの点検、調査で屋根に上がると、雨漏りの修理でコーキングをして屋根材の隙間を埋めてしまっている屋根を見かけることがよくあります。屋根から雨漏りをした時にとりあえずコーキングで屋根材の隙間を埋めて雨が入るのを防ごうとする気持ちはわかるんですけどね。

今まで何百件と雨漏りの点検、調査、修理をしていますが、屋根からの雨漏りにはコーキングで止まる雨漏りと止まらない雨漏りがあって、コーキングで止まる雨漏りは、屋根材が割れていたり、屋根の谷部の板金に穴が開いていたりして確実にそこから入った雨が原因で雨漏りしていることがわかっている場合で、コーキングで雨漏りが止まるというよりは、応急処置としてコーキングで一時的に雨漏りを止めるという場合です。

 

割れている瓦をコーキングでくっつけたり

割れている瓦をコーキングでくっつけたり

板金に空いた穴を塞いだり

板金に空いた穴を塞いだり

割れてる屋根材をコーキングでくっつけたり、開いた穴をコーキングで塞いだりすることでとりあえず雨漏りは止まります。
けど、とりあえず止まるだけなんで応急処置で一時的に雨漏りが止まっているだけです。
確実に修理するなら瓦の交換、谷板金の交換が必要になります。

コーキングで止まらない雨漏り

コーキングで止まらない雨漏りは、雨漏りしている場所はわかるけどはっきりとした原因がわからない雨漏りで、屋根からの雨漏りの場合は原因がはっきりとわからないことが多いので、とりあえず屋根材の隙間にコーキングをしておけばいいかといった考えでコーキングをしても雨漏りは止まりません。
雨漏りが止まらないどころか、とりあえずでしたコーキングが原因で余計に雨漏りがひどくなったり、別の場所から雨漏りがしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

隙間全てをコーキングで埋めるのは非常に危険な行為です。

隙間全てをコーキングで埋めるのは非常に危険な行為です。

 

はっきりとした原因がわからないにも関わらずにとりあえずでしたコーキングで運よく雨漏りが止まったとしても、コーキングは熱や紫外線の影響で10年も持たずにひび割れ、剥離して効果が無くなりますのでまた同じ場所から雨漏りをする可能性があります。

確実に雨漏りの原因を特定するためには屋根材を外す必要がありますが、コーキングで屋根材同士がくっついてしまっていると、屋根材を外せないですし、屋根材を外して修理する時にも屋根材を割ってしまわないといけないので、コーキングをした屋根材は使えなくなってしまいます。

割ってしまっても同じ屋根材がある屋根材ならまだなんとか修理することができますが、20年30年前の屋根材には生産を終了している屋根材も多く、新しい同じ屋根材が手に入らない場合もあります。
そうすると最悪の場合は雨漏りを止めるために屋根の葺き替えをしなければならないことになったりすることもあります。

軽い気持ちでとりあえずしたコーキングが後々大きな出費に繋がることもあり得るので、はっきりとした原因がわからない雨漏りの修理にとりあえずコーキングをしてしまうのはやめておいた方がいいと思います。

工務店さんやリフォーム屋さんなどの建築のプロの人でも屋根からの原因のわからない雨漏りにとりあえずコーキングをしてしまう人がいたりしますが、雨漏りの修理にとりあえずでコーキングを使うのは辞めておいた方がいいですよ。

 

はっきりとした原因がわからないのにとりあえずでしたコーキングで運よく雨漏りが止まったとしても、コーキングは熱や紫外線の影響で10年も持たずにひび割れ、剥離して効果が無くなりますのでまた同じ場所から雨漏りをする可能性があります。

また一度屋根材にコーキングをしてしまうと、雨漏りの調査の時に屋根材を外すことができなくなってしまいます。確実に雨漏りの原因を特定するためには屋根材を外す必要がありますが、コーキングで屋根材同士がくっついてしまっていると、屋根材を外せないですし、屋根材を外して修理する時にも屋根材を割ってしまわないといけないので、コーキングをした屋根材は使えなくなってしまいます。

割ってしまっても在庫がある屋根材ならまだなんとか修理することができますが、20年30年前の屋根材には生産を終了している屋根材も多く、新しい同じ屋根材が手に入らない場合もあります。
そうすると雨漏りを止めるために屋根の葺き替えをしなければならないことになったりすることもあります。

軽い気持ちでとりあえずしたコーキングが後々大きな出費に繋がることもあり得るので、はっきりとした原因がわからない雨漏りの修理にとりあえずコーキングをしてしまうのはやめておいた方がいいと思います。

工務店さんやリフォーム屋さんなどの建築のプロの人でも屋根からの原因のわからない雨漏りにとりあえずコーキングをしてしまう人がいたりしますが、雨漏りの修理にとりあえずでコーキングを使うのは辞めておいた方がいいですよ。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理得意です!

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です