世界に類を見ない独自の価値を持った日本の瓦


「地震で瓦が崩れた」

「台風で瓦が飛ばされた」

そんな被害の話はもう遠い昔の話になってきています。

毎年大きな地震、大雨、台風の被害が頻繁に発生する日本。
けどそんな地震、大雨、台風が多い国だからこそ、日本の瓦は独自の進化を遂げています。
耐震耐風防水などの防災機能は世界一です。

今から約1400年前に日本に伝わってきた瓦は、遥か昔から今まで、多くの大地震、台風、大雨、大火事などの被害に見舞われてその都度、防災機能を工夫し世界に類を見ない独自の防災機能を持つよう進化し続けてきましたし、今後も進化し続けていくでしょう。

防災機能を持った瓦

現在、日本で作られている瓦のほとんどは昔の瓦にはなかった様々な防災機能が備わってきています。

瓦は土を1000℃近い温度で焼いて作る不燃材なので、火事の時に屋根からの延焼を防ぐことはもちろんのことですが、それ以外にも隠れた防災機能が備わっています。

日本の瓦は目に見えないところに世界に類を見ない独自に進化した耐震耐風機能、防水機能が備わっているんです。

 

耐震耐風機能

台風などの強風時に瓦が飛ばされてしまわないように、地震の大きな揺れで瓦が外れてしまわないように、風や揺れで瓦がズレてしまわないようにするために、上下左右に重なり合う瓦と瓦がお互いをガッチリとロックし合う構造になっています。

昔の瓦にはなかった機能が備わっています。

瓦が重なって見えないところでロックしてます。

瓦と瓦が重なって見えないところでロックしてます。

 

防水機能

台風などの強風時の吹きぶった豪雨が瓦と瓦の隙間から入っても、隙間から入った雨を水返しと呼ばれる構造でしっかりと瓦の外へ排水します。
この形も昔の瓦にはなかった形で、瓦から雨漏りすることを防ぐ工夫です。

瓦が重なって見えないところで水をシャット。

瓦が重なって見えないところで水返しで水をシャットしてます。

 

日本独自の進化

瓦同士がロックし合う耐震耐風機能も水返しでの防水機能も屋根に瓦を施工してしまうと瓦と瓦が重なって見えなくなってしまうところに付いています。
重なり合って隠れてしまうところにこそ日本の瓦独自の進化、繊細な日本のものづくりの技術が詰まっているんです。

昔から変わらない日本の瓦の美しい形、日本の美しい屋根の景観を変えてしまわないようにするための隠れた工夫なんです。

昔から多くの自然災害に見舞われ、自然災害から家屋を守るために独自の進化を遂げた日本の瓦。
こんなに美しく、なおかつ機能性も持った瓦は世界を見渡しても他にはありません。

日本各地で異なる独自の瓦

日本は地域によって雪の多い地域、強風が吹く地域、などそれぞれの地域の気候や文化、風習、風土があります。
そんな地域性によって地域独自の瓦があるのも日本の瓦の特徴で、寒さに強い瓦や屋根に積もる雪の対策のための瓦など地域独自の瓦があります。

兵庫県では同じ県内なのに雪の少ない比較的温暖な南部と雪の多い冬の寒さの厳しい北部とでは、使われる瓦が違ったりします。

 

気候風土が変われば瓦も変わる。瓦が変われば風景も変わる。

 

地域によって使う瓦が違って、地域独自の屋根の景観があるのも日本の瓦の特徴で、世界に類を見ない独自の価値を持っているのが日本の瓦です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

世界に類を見ない独自の価値を持った日本の瓦” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です