瓦が地震、台風に弱いっていう考えはもう過去の古い考えです。


瓦の進化と同じように施工技術も進化しています。

地震、台風など毎年のように起こる自然災害から家屋を守るために他に類を見ない独自の進化を続けている世界に誇るべき日本の瓦。
そんな瓦を施工する日本の瓦施工の技術もやはり世界に誇るべき技術といえます。
瓦の進化と同じように瓦施工の技術も独自の進化をし続けています。

 

世界に類を見ない独自の価値を持った日本の瓦

引っ掛け桟葺き工法

現在では瓦の施工に土を使うことはほとんど無くなってきているんですが、
「土は使わないんですか?」とお客さんに驚かれることがよくあって、今でも瓦は土で屋根に固定するものだと思われている人もまだまだいます。
今から約30年、40年ぐらい前までは屋根の上に土を置き、土で瓦を屋根に固定する土葺き工法が当たり前でした。
実際に屋根の葺き替え工事(古い瓦を外して新しい瓦に交換する工事)をするとほとんど場合は古い瓦の下には土が置かれています。
50年以上前の屋根だと瓦の下にどっさりと土が置かれていて、土だけで相当な重さになっています。

今のように屋根の上に瓦や土を揚げる機械がない時代に、大量の土を屋根の上に人力で揚げる作業はかなり過酷な作業で、瓦や土を揚げる専門の仕事があったと言われるぐらいなんです。

瓦の下の大量の土

土葺き工法で施工された瓦の下の大量の土

大きな地震の揺れで屋根から瓦が崩れ落ちたり、台風の強風で瓦が飛ばされたりしている映像などを見たことがあるかと思いますが、その崩れたり、飛ばされたりしている瓦は昔の土葺き工法で施工された瓦なんです。

そんな地震、台風で瓦が崩れたり、飛ばされたりしないように瓦を施工する工法を工夫し、進化して地震、台風に強い工法になりました。それが現在の引っ掛け桟葺き(ひっかけさんぶき)工法という工法です。

 

引っ掛け桟葺き工法

引っ掛け桟葺き工法

 

引っ掛け桟葺き工法という工法は、文字通り桟に瓦を引っ掛けて固定する工法で、屋根野地に瓦桟(瓦を引っ掛ける為の木材)を打ち付け、瓦桟に瓦の裏にある突起を引っ掛けて安定させ、瓦をステンレススクリュー釘で固定します。
瓦同士がお互いを固定し合う防災機能が進化した瓦をこの引っ掛け桟葺き工法で施工することでより一層地震の揺れ、台風の強風にも強くなっているんです。

このように瓦と瓦施工の技術が進化したことで、瓦が地震に弱いって話はもうとっくに過去の話になっています。

ガイドライン工法

瓦関係者は地震の揺れ、台風の強風に脆弱性のあった施工方法に様々な工夫や改良を繰り返してきました。
引っ掛け桟工法で施工することが当たり前になり、それをさらに科学技術的なデータに基づいて瓦の施工方法をとりまとめたものが「ガイドライン工法」です。

引っ掛け桟葺き工法もガイドライン工法で施工する場合の決められた工法の一つで、それ以外にもガイドライン工法は、試験データ、構造計算などを元により耐震性、耐風性の強い工法となっています。

 

詳しくは一般社団法人 全日本瓦工事業連盟のホームページをご覧ください。

 

瓦が地震、台風に弱いって考えは古い

いつまでそんな考えでいるの?
瓦が地震、台風に弱いって考えはもうすでに過去の古い考えです。

大きな地震が起こるたびに崩れた瓦の映像が流されますよね。
その崩れた瓦は昔の土葺き工法で施工された瓦です。
瓦が崩れる映像が地震の被害の大きさを表現するのに都合がいいからわざとその映像を流してるとしか思えないです。

今のガイドライン工法、引っ掛け桟葺き工法で施工された瓦は地震で崩れ落ちることはありません。

過去のいくつのも災害を経験してきた日本の瓦施工の技術は、その度に様々な工夫と改良を重ねることで世界一の施工技術になっているんです。

だから瓦は地震、台風に弱いってのはもう昔の考えなんですよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

屋根葺き替え工事お任せください

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。
豊富な実績と経験でお客さまの屋根に最適な屋根葺き替え工事をご提案させていただきます。
安く、軽くするだけではなく、本当に屋根のこと、家のことを考え、お客さまのことを考えて長く付き合える安心、安全な屋根へ葺き替えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です