本当に地震に強い建物にするには屋根の重さよりも構造の補強が重要なんです。


「地震で家が崩れるのが怖いから屋根を軽くしたいんです。」

「屋根が重たかったら地震の揺れで家が崩れるでしょう。」

弊社に屋根の葺き替え工事の相談をされるお客さんの半数以上は、「屋根を葺き替えて軽くしたいんです」って理由なんです。
「屋根を軽くしたい」って理由で相談をされるから当然、現状の屋根材は重い瓦で、重い瓦からスレート屋根材や金属屋根材などといった軽い屋根材へ変えたいという要望をお持ちなんですね。

わかります。瓦は他の屋根材に比べると重いですからね。

屋根を軽くするだけで本当に地震に強い建物になるの?

答えはNOです。
完全にはNOじゃないけど、まあほとんどの場合はNOです。

屋根を軽くするだけでは本当に地震に強い建物にはならないんです。

 

国土交通省国土技術政策総合研究所の主任研究官 中川貴文氏が研究し開発した木造住宅の耐震シュミレーションソフト wallstat(ウォールスタット)でのシュミレーションした研究の結果では、耐震基準を満たしていない建物の屋根を重い瓦からスレート屋根材、金属屋根材などの軽い屋根材に変えても実はあまり意味がないという研究結果になったそうです。

wallstat(ウォールスタット)
木造住宅の建物全体の地震時の損傷状況や倒壊過程をシュミレーションする数値解析プログラム

屋根の軽量化は重量の減少により耐震性を向上させる一定の効果はあるが、補強計画を伴わない改修(屋根を軽量化するだけなど)は元の評点(建物の耐震診断評点、建物の地震に対する強さ)が低い場合に、十分に耐震性を確保できない場合がある

耐震診断による補強計画を行った耐震改修は重い建物(瓦屋根による木造住宅)でも効果を発揮

屋根荷重等の建物の実態に応じた補強計画が重要

瓦屋根木造住宅の耐震性能評価
〜耐震シュミレーションによる検証〜より引用

 

専門用語が多すぎてわかりにくいかもしれませんが、建物の構造の耐震性能が低いと屋根を軽くしただけでは本当に地震に強い建物にはならないということです。

耐震性能が低い建物と言うのは、例えば昭和56年に改定された耐震基準より以前に建てられた建物(旧耐震基準で建てられた建物)で壁量不足や筋交いなどの補強金物などがない建物のことです。

本当に地震に強い建物にするには

まずはきちんと家の耐震診断をしてもらうこと。
自分の家の耐震性能をきちんと知っておく、地震に対する強さを知っておく。

特に昭和56年以前の旧耐震基準に建てられた建物の場合は、耐震性能が著しく低い可能性があります。
耐震性能が低い建物の場合は、屋根を軽くすることよりも壁を増やしたり、筋交い、柱などの接合部を補強することの方が地震に強い建物になります。

建物に応じた耐震補強をすることが重要なんです。
地震の揺れに弱い建物の屋根を軽くしてもあまり意味がないんです。

在来木造住宅振動台実験

2005年11月21日(月)、独立行政法人防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は兵庫県三木市に約450億円の費用をかけて造った世界最大級の震動台「実大三次元震動破壊実験施設(通称:E-ディフェンス)」にて、阪神淡路大震災と同じ震度7クラスを再現した大きな地震動で耐震補強の有無による木造住宅の耐震性を比較しました。

この実験動画の建物はどちらも昭和56年以前の旧耐震基準の建物で、どちらの建物も屋根材は重い瓦で全く同じ施工で重さも同じです。
左の建物の構造は無補強で、右の建物の構造には耐震補強をしています。

 

 

動画を見てもらうと一目瞭然。
耐震補強をしていない建物がいかに地震の揺れに弱いかがわかっていただけると思います。

本当に地震に強い建物にするには、とりあえず屋根を軽くすればいいという考えはやめた方がいいですよ。
それよりも建物の耐震性能を把握して、建物に応じた耐震補強をする方が本当に地震に強い建物になるんです。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です