雨漏りしているのも危険だけど、雨漏りに気がつかないことがもっと危険なんです。


雨漏りしてるのに気がつかないことが多いんです。

実は、屋根から雨漏りがしているのに雨漏りしていることに気がつかないということがよくあります。

雨漏りしているから見に来て欲しいというご依頼でお伺いさせていただいて、屋根裏に入って点検してみると、天井にできた雨染みでお客さんが雨漏りしていると思っている所とは別の所も雨漏りしているということがよくあるんです。

天井に雨漏りでできた雨染みがあればすぐに気がつくことができるんですけど、実は天井にできる雨染みは、そこそこの量の雨が漏らないとできないこともあって、天井に雨染みができなくても雨漏りしている場合もあります。

雨漏りは雨が屋根から入っても天井裏に落ちるまでに桁や梁などの木材に吸収されてしまうこともあります。
また木材が吸収できないくらいの雨が屋根から漏れて、天井裏に雨が落ちたとしても今の住宅の天井裏にはほとんどの場合は断熱材が敷き詰めてあるので、断熱材が濡れるだけで天井に雨染みとして出ないことがあります。

そうすると気がつかない間にどんどん雨漏りが進行してしまうことになります。

雨漏りしていても目に見えないことが多いんです。

 

名称未設定-1-001 (15)

 

上の写真の赤い矢印は全て屋根からの雨漏りでできた雨染みです。
屋根からの雨漏りで屋根裏の木材にこんなにも雨染みが出ていても

 

名称未設定 -001

 

屋根からの雨漏りで屋根裏に入った雨が木材を濡らしますが、木材から伝った雨を断熱材が受け止めてしまうことで天井に雨染みとして表れてこないので、雨漏りしていることに気がつかないんです。
目に見えないから雨漏りに気がつかないんです。

さらに断熱材が防音材の役目をして、木材を伝って落ちる雨の音を消してしまうことも雨漏りに気がつかない要因になります。
耳に聞こえないから雨漏りに気がつかないんです。

 

IMG_0159-e1499752854675

 

このように断熱材で雨漏りに気がつかない場合は、上の写真のように天井に雨染みができて雨漏りに気がつくまでにはかなりの期間がかかってしまいます。
かなりの量の雨が漏らないと気がつかないということになってしまいます。

断熱材があるために雨漏りに気がつくのが遅れてしまうことで、最悪の場合は雨漏りに気がついた時には屋根裏の木材が雨漏りで腐ってしまっていて、雨漏りの修理の時に野地板、垂木、桁、梁などの修理が必要になる大掛かりな修理工事になるなんてことにもなってしまうんです。

早く雨漏りに気がつく方法

では、そんなことにならないうちに雨漏りにできるだけ早く気がつくためにはどうすればいいのか?

答えは簡単なんです。

そう屋根裏に入って雨漏りしているかどうか確認すればいいんです。

屋根裏と聞くと何か特別なような場所みたいに感じる人もいるかもしれませんけど、今の住宅に屋根裏を点検するための点検口が押入れなどの上にあります。天井を手で軽く上に押すだけで持ち上がるようになっている点検口があります。

点検口から定期的に屋根裏に入って確認しておけば、雨漏りしている場合は早く気がつくことができます。

ただ夏場の真昼間の屋根裏はかなりの暑さなんで気をつけてくださいね。
基本的には真っ暗なので懐中電灯を忘れずに。

屋根裏に入って天井裏に足を置くと天井が抜けてしまうこともあるんで、屋根裏での移動は桁や梁(比較的太い木材)の上だけにしてくださいね。

あっそれと屋根裏に入ると汚れますから汚れてもいい格好で入ってくださいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です