高砂市工楽松右衛門旧宅保存改修工事 屋根瓦撤去工事


工楽松右衛門旧宅保存改修工事

去年2016年の11月に地元の得意先の社長から相談いただいた工事が高砂市の文化財「工楽松右衛門旧宅保存改修工事」

相談していただいた得意先の社長さんは、以前旧家の蔵の屋根葺き替え工事を依頼していただいた社長さんで、お付き合いのきっかけはうちの会社のホームページに載せていた他の蔵の屋根葺き替え工事の記事を見ていただいたことでした。

工楽松右衛門旧宅はかなり老朽化が進んでいて、地元高砂市に住み、この建物のすぐ近くの高校に通っていたボクも以前から気になっていた建物で、地元の名士の立派な建物なのにもったいないな。なんとか修理をして保存すればいいのになと思っていた建物でした。

 

1

工楽松右衛門旧宅

 

工楽松右衛門は、日本の江戸時代における発明家、実業家。 現在の兵庫県高砂市に生まれ、兵庫で廻船業を経営するかたわら、帆布を発明し、築港工事法を考案して、択捉島の埠頭や箱館のドックを築造した。これらの業績によって、日本の海運を支えた。高砂神社に松右衛門の銅像が建てられている。
Wikipediaより引用

瓦撤去工事

今回の保存改修工事は屋根だけでなく、建物自体も壁、柱、床などほとんど全てを改修するのでかなり大掛かりな改修工事になります。
そのため去年の12月から何度も打ち合わせを重ね、今年1月からの仮設足場工事、基礎工事、補強工事から始まり2月から既存の古い瓦の撤去工事に取り掛かりました。
 
 約100年間雨風から家を守り続けてきた瓦はかなり劣化していて、ところどころ雨漏りしている箇所もあったために瓦の下の木材が腐り屋根が落ちてしまっていたりしており、その都度応急の修理しているところや特に劣化のひどい箇所には瓦の上を金属製の波板で覆っているところもありました。
 
 
 
工楽松右衛門旧宅 既存屋根

工楽松右衛門旧宅 既存屋根

古い瓦を外す作業はそれほど問題ないんですが、外した瓦を運ぶ時や瓦を外した後の土を取り除く時に屋根が痛みすぎいるために屋根に穴が開いていたり、野地板と呼ばれる木の板が腐っていたり、ずれていたりするので、屋根の上で動こうにもまずは足元の幅5cmほどの垂木(屋根に対して縦に固定している木)に足を軽く乗せて、その垂木が体重をかけても大丈夫が確認をしてから作業しやすい体勢を確保して作業しないといけなくて、なかなか自由に動くことすらできません。
外した瓦を手作業で屋根の上を運びます。

外した瓦を手作業で屋根の上を運びます。

足元を確認しながら慎重に作業を進めます。

足元を確認しながら慎重に作業を進めます。

瓦、土を撤去すると屋根の上で自由に動けません。

瓦、土を撤去すると屋根の上で自由に動けません。

通常の屋根葺き替え工事ならレッカー作業車を使って屋根の瓦や土を下ろすこともできるますが、今回の工事は工事期間が長期になり天候の影響で工事ができなくなるのを避けるためと、雨で建物が痛むことを避けるために建物全体を仮設足場で覆い、仮設の屋根もあるのでレッカー車を使うことができず、全て手作業での作業になりました。
 
 108
通常よりも格段に苦労した屋根瓦撤去工事が完了し、瓦と土が取り除かれた屋根の改修工事が終わればいよいよ新しい瓦の施工が始まります。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

屋根葺き替え工事お任せください

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。
豊富な実績と経験でお客さまの屋根に最適な屋根葺き替え工事をご提案させていただきます。
安く、軽くするだけではなく、本当に屋根のこと、家のことを考え、お客さまのことを考えて長く付き合える安心、安全な屋根へ葺き替えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です