使っていない太陽熱温水器は、負担と不安になります。


ここ数年で屋根の上に太陽光発電用のソーラーパネルが乗っている屋根を見かけることが多くなってきました。昔に比べると設置費用も安くなり、発電量も増えてきているので新築工事の時に最初から太陽光発電を屋根に乗せることが当たり前のようになってきていまからね。

太陽熱温水器

太陽光発電がここまで普及するまでは、屋根の上に太陽熱温水器が乗っているのをよく見かけました。
屋根の上に太陽熱パネルと水を貯めておくタンクがあって、太陽熱で水を温めて温水にする設備で1970年〜1980年代に多く設置されましたが、訪問販売による強引は販売方法が問題になったりしたことで徐々に関心が薄れ、今ではほとんど設置する人はいなくなってきました。

 

1

 

そんな太陽熱温水器の耐久年数はだいたい20年程度とされています。
多くが1970年〜1980年代に販売され、設置されていた太陽熱温水器は耐久年数を超えていて劣化による故障でほとんど使われなくなっているのが現状です。

故障しても販売会社、設置会社が存在していれば修理、もしくは撤去を依頼できるのですが太陽熱温水器は訪問販売による強引な販売、設置方法が問題になったこともあり販売会社、設置会社が無くなっていたり、連絡が取れなくなっていたりするので、故障して使わなくなった太陽熱温水器を屋根の上に設置したままになっていることが多いのです。

使わなくなった太陽熱温水器は負担と不安の元

大きさ、容量によりますが太陽熱温水器の重量は水を入れて使用している時で約300kg〜400kg、使わなくなってタンクに水が入っていなくても約100kg〜150kgあります。

そんな重量物が乗っていることで屋根にかなりの負担がかかっているのは明らかですし、太陽熱温水器の屋根への設置方法もほとんどがワイヤーで固定しているだけで、経年劣化や強風で揺すられることからワイヤーが劣化し太陽熱温水器が不安定な状態で屋根の上に乗っていることもあります。

使わなくなった太陽熱温水器は屋根にとって負担になり、大きな地震の揺れ、大きな台風の強風で落ちないか不安になります。

置き方によってはかなり負担になる

使用中でも使用していなくても太陽熱温水器の重量は屋根の屋根材の負担になりますが、特に問題なのが置き方。

屋根の平面部分に置いている分にはまだマシで、中にはかなり無理矢理な置き方をされていることもあります。

 

125-1024x767

 

棟部に乗りかかっていたり、谷部をまたいでいたりします。

 

10

 

パネルが谷をまたいで、明らかにパネルが反ってしまっています。
このような置き方が正常な置き方のわけがありません。
太陽熱温水器を屋根に置く時におかしな置き方、不安定な負担のかかる置き方をしていることぐらいわかっていたはずです。

 

屋根の負担、不安になっている使っていない太陽熱温水器は撤去したほうがいい

何十年も前に屋根に設置して、使わなくなった太陽熱温水器は屋根の上にあるだけで屋根自体の負担、屋根材の負担になりますし、大きな地震の揺れ、大きな台風の強風で落ちてしまう危険性もあることで不安になります。
ご自分の家に被害が出るだけでなく、近隣の住宅に被害が出てしまうことも予想されるので、販売会社、設置会社に連絡が可能な場合は屋根の上から下ろして処分した方がよいでしょう。

販売会社、設置会社に連絡が取れない場合は、お近くの地元の屋根屋さん、瓦屋さんに連絡してみてください。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です