瓦にコーキングをしてしまうと雨漏りの原因になることもある。


雨漏りの点検、調査や漆喰の痛みの点検、屋根材の点検などなどで築30年以上経った家の屋根に上ることが多いんですが、そんな時によく見ることがあるのが、雨漏りの修理のためや地震、台風で瓦が落ちない、ズレない、飛ばないようにと瓦にコーキングされている屋根。

点検や調査で屋根に上がったら10件のうち半分以上は瓦にコーキングをしてしまっています。そのほとんどが無駄なコーキングをしてしまっているんです。

全く意味がないこともないんですけどね

コーキングの仕方によっては大きな地震の揺れ、大きな台風の強風で瓦が崩れない、ズレない、飛ばされないためにするのは全く意味がないこともないんですけど、そのコーキング工事にどれだけのお金を払いました?って思ってしまうんです。

瓦にコーキングをされている家のほとんどは訪問業者に勧められてコーキングをしてしまったんでしょうね。
「地震、台風対策で」「隣の家がしてるから」などの理由でコーキングをしてるんでしょうけどね。

 

IMG_6867 (1)

このコーキングはマシな方ですけど、もうちょっと綺麗にすればいいのに。

瓦にこんな風にコーキングをするのは大抵の場合は訪問業者で、だいたい30万円から50万円ぐらいは払っているんじゃないのかなと思います。訪問業者がどういった計算で工事金額を決めているのか知らないですけど、基本的にはそう言った訪問業者の金額はとてつもなく高いです。

もし同じコーキングをうちの会社がするとしたら10万円ぐらいかな。

コーキングは雨漏りの原因になることがある

大きな地震の揺れ、大きな台風の強風で瓦が崩れないように、落ちないように、飛ばないようにと瓦と瓦をコーキングでくっつけてしまう気持ちもわからないこともないんです。しかしながら瓦は瓦と瓦の隙間から入った雨が外に流れるような形になっているので、コーキングで瓦と瓦の隙間を塞いでしまうと隙間に入った雨が外に流れ出ないようになってしまうこともあるんです。

瓦と瓦の隙間から入った雨が外に流れ出ないとどうなるかというと、瓦の下に流れていき最悪の場合は雨漏りの原因になります。

実際に今まで何度も不適切な、やりすぎなコーキングが原因で雨漏りをしてしまった屋根を見てきました。

 

o0480036013505206544

 

上の写真のコーキングは雨漏りを止めようと思って瓦にコーキングをしてるんですが、はっきり言って無駄な不適切なコーキングをされてしまっています。
コーキングで完璧に雨漏りを止めることはできないと思ってもらったほうがいいと思います。

コーキングでどれだけ厳重に隙間を埋めても、少しの隙間があれば逆に雨を吸い込みやすくなりますし、数年でコーキングが劣化して切れてくるので隙間はできてしまいます。
しかも一度コーキングしてしまった瓦は、修理の時に使えなくなるから新しい瓦を使わないといけない。それだけ修理の値段も高くなるんです。

コーキング工事に高いお金を払って、わざわざ雨漏りの原因を作るってそんな馬鹿げた話ないですよ。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です