雨漏りの原因を徹底的に調べることが確実な修理工事に繋がるのです。


いつまでたっても、どんなに修理をしても止まらない雨漏り。
その雨漏りの原因をちゃんと調べてますか?
全く見当はずれの場所を修理しているかもしれませんよ。

屋根からの雨漏りの原因は、大きく分けると屋根材の劣化、施工不良と屋根付帯箇所(谷板金、壁際板金、天窓等)の劣化、施工不良に分けることができます。(施工不良には修理工事の時の施工不良も含まれます。)

どこからどのようして入った雨がどこに流れて雨漏りになっているのか?
しっかりと原因がわからないと確実な修理工事はできません。

まずは雨漏りの原因を特定することが重要

雨漏りの修理は、原因を特定することが一番重要です。

すぐに原因がわかる雨漏りもあれば、根気よく探さないと原因がわからない雨漏りもあります。
原因がはっきりとしないまま、なんとなくココだろう、多分ココが原因だろう、といった曖昧な中途半端な修理工事ではいつまでたっても雨漏りが止まることはありません。
仮に雨漏りが止まったとしても一時的に止まってるだけでいずれ再発することになります。

雨漏りの原因の特定方法

雨漏りの原因の特定は家の外から見るだけではわかりません。
しっかりと雨漏りの原因を特定するためには家の中、天井裏、屋根の上と順番に調べていく必要があります。

室内の雨漏り箇所の確認

家の中から天井や柱などの雨染みを確認します。

天井の雨染み

天井の雨染み

天井や柱に雨染みがありからといってその上に雨漏りの原因があるとは限りません。
雨は屋根から垂木、桁、柱などの軸組みを伝い思いもよらないところから雨漏りをしていることもあります。
確実に雨漏りを止めるためには雨がどこから入ってきているかを確認することが重要です。

天井裏を確認

押入れ等にある点検口から天井裏に入り、天井にできた雨染みが雨漏りでできた雨染みか、雨漏りではなく結露などでできた染みかを判断します。
天井にできる染みは雨漏り以外にも結露や天井裏に侵入している動物の糞尿、天井に使われている素材の劣化の場合もあります。

屋根裏面の雨染み

屋根裏面の雨染み

屋根の裏面にある雨染みから雨漏りであることを確認し、屋根のどのあたりから雨漏りをしているか場所を推測します。

 

屋根の上で確認

屋根に上がって天井裏で屋根裏面にできた雨染みから推測した場所を確認します。
屋根材が瓦の場合は瓦を外して雨染みを確認します。

名称未設定-4-001 (3)

天井裏で確認した雨染みで大体の場所がわかります。

推測した場所の瓦を数枚外して雨染みを確認します。

瓦を外して雨染みを確認

瓦を外して雨染みを確認

雨染みがどこから流れてきたのか確認

注意しなければいけないことは、雨染みを確認することができても雨染みができている場所が雨が入った場所とは限らないということです。雨染みでできている周辺の瓦が割れていたり、ズレていたりしていない場合は他の場所から流れてきた可能性があります。
どのような経路で雨染みができたのかを確認します。

名称未設定-1-copy-1-001

雨の侵入経路を確認することが大事

できる限り雨染みのわかる範囲の瓦を外して雨の侵入経路を確認します。

上の写真では左のほうの雨染みが濃いことから入った雨が左から右へ流れていることが確認でき、左の隅棟が雨漏りの原因になっていることが確認できました。

徹底的に原因を究明することが確実な修理工事につながる

雨漏りの原因を適当に考えると適当な修理工事しかできません。
徹底的に原因を追求することで、確実に雨漏りを止める修理工事ができるのです。

適当な修理工事は雨漏りを止めるどころか、余計な雨漏りを起こす原因にもなってしまいます。

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です