世界最大級の振動台で実施された耐震実験


世界最大級の振動台で実施された耐震実験

平成17年11月21日(月)、独立行政法人防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は兵庫県三木市に約450億円の費用をかけて造った世界最大級の震動台「実大三次元震動破壊実験施設(通称:E-ディフェンス)」にて、阪神淡路大震災と同じ震度7クラスを再現した大きな地震動で耐震補強の有無による木造住宅の耐震性を比較しました。

この実験では、現在の耐震基準を満たさない木造住宅の耐震性能や、そのような住宅に対する耐震補強の効果を調査することを目的としています。そのため、実際に兵庫県明石市に建っていた昭和56年の建築基準法改正以前の築32年(平成17年当時で)の木造住宅2棟を震動台上に移築し、移築したまま手を加えない住宅(無補強)、耐震補強をした住宅(補強)を同時に揺らした上で、それらの倒壊状況を比較しました。
結果は予想通り、無補強の住宅は、十秒足らずで二階が一階を押しつぶして支柱、壁面とも崩れ、激しく倒壊。一方、現在の耐震基準を満たすように壁や柱を補強した住宅は、一部の壁が崩落するなどしましたが、倒壊せずに実験前の姿勢を保ったという、見事なまでに明暗が分かれました。

 

 

この映像で、昭和56年の建築基準法改正以前の耐震基準で建てられた家がどれだけ大きな地震の揺れに脆弱か、耐震補強をした家が大きな地震の揺れに耐えることができるのかがはっきりとわかります。

ガイドライン工法

ちなみにこの実験で使われた家の屋根瓦はどちらも全く同じ瓦を使い、同じガイドライン工法で施工されています。
すべての瓦を釘留めし、揺れに弱い棟部には棟金具、棟瓦の緊結、ビス留め、軒先瓦、袖瓦のビス留めと、どんな大きな揺れにも耐えることができるように施工しました。
実際にボクも全日本瓦工事業連盟の取り組みの一環でこの試験体の屋根で瓦を施工したので間違いありません。

ガイドライン工法とは、大きな地震の揺れや大型台風による強風でも屋根瓦が崩れないように、飛ばされないように施工方法を工夫した工法で、現在の新築の屋根に施工されている瓦はほとんどすべてがこのガイドライン工法で施工されています。
ただ、ガイドライン工法は義務ではなく、すべての屋根工事店が「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」適合施工店ではなく、未だにガイドライン工法の必要性を理解していない工事店、工務店があるのも事実です。

当社では、新築屋根工事はもちろん、屋根葺き替え工事でもガイドライン工法を標準屋根工事工法として取り組んでいます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

屋根葺き替え工事お任せください

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。
豊富な実績と経験でお客さまの屋根に最適な屋根葺き替え工事をご提案させていただきます。
安く、軽くするだけではなく、本当に屋根のこと、家のことを考え、お客さまのことを考えて長く付き合える安心、安全な屋根へ葺き替えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です