瓦とスレート屋根材とでは室内の過ごしやすさに違いが出る。


屋根材で室温が変わる

家の中の室温が屋根に使われている材料によって変わるって知ってましたか?
普段生活しているご自分の家は住み慣れているのであまり気にならないかもしれませんが、実は屋根材によって室温がかなり変わるんです。
室温が変わるということは住環境に違いが出て、過ごしやすさに違いが出るということです。

 

屋根材で違う日射吸収率

IMG_6588

 

瓦とスレート屋根材で夏場の温度を測定した実験結果によると

外気温が30度を超える日中で屋根材の表面温度は
瓦が約71度、スレート屋根材が79度。

野地板裏の温度は
瓦が約44度、スレート屋根材が約58度。

天井裏の温度は
瓦が約42度、スレート屋根材が約47度。

なぜこのように屋根材によって温度に違いが出るのかというと、一つは屋根材の日射吸収率の違いで屋根材の色による違いもあるのですが、スレート屋根材は瓦に比べて日射吸収率が高いために屋根材の表面温度が高くなります。
瓦の方が日射を反射する能力が高いということです。

屋根材の材質、厚みも全然違うから見た目にも瓦の方が断熱効果が高いのは明らかですよね。

 

IMG_6592

 

屋根材と野地板の隙間に断熱効果がある。

屋根材の施工の仕方の違いも重要なんです。

見えないところに大きな違いがあって、スレート屋根材は野地板と屋根材との間にほとんど隙間がなく屋根材が吸収した温度が野地板に伝わりやすいのに対して、瓦は屋根材と野地板に最大で約5cmの隙間があります。この違いが天井裏の温度の違いに直結するんです。

 

74-2

 

瓦は野地板の上に瓦桟という木材等を打ってその上に瓦を乗せるので瓦と野地板との間に隙間(空気の層)ができる。

 

73

 

 

一方、スレート屋根材は野地板に乗せるのでほとんど隙間(空気の層)ができない。

この隙間(空気の層)に断熱効果があって屋根材から野地板に伝わる温度が変わってきます。
さらに瓦の場合は瓦の重なりに隙間があることで瓦と野地板の間の空気層の湿った熱気が外へ排出されることで空気層に対流ができて野地板に熱が伝わりにくくなっているのです。

 

瓦屋根はクーラーの設定温度を高めにできる

実験の結果から天井裏の温度で瓦とスレート屋根材とでは約5度の違いがあるということは、瓦の方が断熱効果が高いことは明らかです。

断熱効果で夏場は外気の熱で室温を上げるのを防ぎ、冬場は外気の冷気で室温を低下させるのを抑え、暖房によって温められた室温が外へ出るのを防いでくれます。

だからといって屋根に瓦を使うと夏場にクーラーを使わなくていいほどの室温にはならないし、冬場に暖房を使わなくていいというほどではないんですが、多少かもしれないですけど、瓦の方が電気代が安くなりエコになるのは確かです。

全く同じ気象条件下で瓦の屋根の部屋とスレート屋根材の部屋に入って実際に比べることはできないとは思いますが、頭上が天井裏になっている2階の部屋や平屋の部屋の場合は違いが実感できるほど室温が変わりますよ。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
岡 公司
播州瓦工業株式会社 専務取締役 岡 公司です。 瓦好きな屋根屋が瓦のこと、屋根のことをFacebook、Twitter、Instagram、ブログ、ニュースレターで発信しています。 SNSのフォローお待ちしています。どうぞ気軽にフォローしてください。 あなたの屋根の不安と悩みの解消のお手伝いをさせていただきます。

屋根葺き替え工事お任せください

屋根葺き替え工事とは、古く痛んでしまった屋根材を外し、新しい屋根材を施工する工事のことで、家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の維持、向上にも非常に有効な工事です。
豊富な実績と経験でお客さまの屋根に最適な屋根葺き替え工事をご提案させていただきます。
安く、軽くするだけではなく、本当に屋根のこと、家のことを考え、お客さまのことを考えて長く付き合える安心、安全な屋根へ葺き替えさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です