雨漏りについて

普段生活をしていても意外と雨漏りには気が付きにくいものです。
雨の降っている夜など家の中が静かな時に天井を見上げて雨音に耳を傾けてみて下さい。
屋根からの雨漏りがあれば天井に落ちる雨漏りの音に案外気が付くものです。
普段使用していない部屋や押し入れなど家の隅の方にある箇所は雨漏りが起こりやすいので
日頃から注意しておくのも良いでしょう。
天井裏、小屋裏に入ることが可能なら入って野地板、垂木、梁、柱を点検してみるのも
雨漏りの早期発見に繋がりますし、実際に雨漏りをしている場合には修理する時に原因を
特定しやすく、確実に雨漏りを止める為にも有効です。

屋根からの雨漏りの原因

屋根からの雨漏りの原因として、以下のようなことが主な原因になることが多いです。

屋根材、板金部(谷、壁際)の経年劣化による老朽化

屋根材が劣化することによるヒビ、割れ、ズレ等によって雨水が侵入することを防ぐことができなくなる。
谷や壁際に施工している板金が劣化することによって雨水の侵入を防ぐことができなくなる。

1326504438033279400 1 1439968348091596100
増築による屋根の形状変化

家の増築に伴って屋根の形状が変化することで雨漏りの危険性が増すことがあります。
特に増築によって屋根に谷部ができたり、屋根勾配が変わったり、増築によって新しくできた屋根だけ屋根材が変わったりすると雨漏りが起きやすくなります。

o0480036013413780853 10 1429943638069906700
屋根材の再塗装、コーキング等

スレート系屋根材、セメント系屋根材の再塗装時の施工不良や瓦のズレ防止、雨漏り補修のコーキング施工よって屋根材の隙間を埋めてしまうことで排水できなくなり雨漏りが起きます。

13 25 o0480036013317618554

 

雨漏りの危険度

危険度1

初期段階の雨漏りは屋根材の下に雨水が侵入しているものの屋根材の下に防水紙、下葺き材を施工しているために雨漏りが発見しにくい。

1419572369019139200 1405296823038399400 1405298175030638400

 

危険度2

防水紙、下葺き材の劣化でできた破れや屋根材の施工でできた釘穴から雨水が染み込み野地板、垂木、柱を伝って侵入した雨水が天井等に雨染みとして出てくる。
この時点で雨漏りに気が付くので修理工事をしておきましょう。

1405147235008807500 1405293092054589000 1438298620013646000

 

危険度3

危険度2の時点で修理工事をしておかないと、繰り返し同じ箇所からの雨漏りが野地板、垂木、柱を腐食させ屋根材の重みで屋根が歪んでくることもあり、屋根材の補修だけだなく、野地板、垂木、柱等の大掛かりな補修が必要になってしまいます。

9 1-2 1405322199060069500

 

 

 

 

 

 


 

雨漏り修理お任せください

雨漏りの不安、悩みを解消します。
徹底的な原因の究明、最適な修理方法、万全のアフタフォローであなたの屋根の不安と悩みを解消します。
雨漏りは早期発見、早期修理が重要です。
少しでもきになることがあればお気軽にご相談ください。
点検、調査は無料でお伺いさせていただきます。